軽スポーツホンダS660の口コミ・評価と中古車購入前の注意点を解説!

軽スポーツホンダS660の口コミ・評価と中古車購入前の注意点を解説!
スポンサードリンク

今回は、S660の特徴を評判をもとにレビューし、これから購入を検討している方に向けて役立つ情報や注意点を掲載しています。

中古車のS660を検討している方向けには「S660って実際どうなの?」という疑問を解消すべく、情報をまとめています。

S660の買取を検討している方は、コチラの記事から買取のコツを学び高額査定買取を成功させましょう。

【相場と時期は?】オープンカーを高額買取査定で売るコツと注意点

2017.06.01

S660の特徴

S660の特徴

引用:http://www.honda.co.jp/S660/

ホンダの軽オープンカーであるS660。スポーツカーの醍醐味であるハンドリング性能が高められており、「走る愉しさ」が追求されているスポーツカーです。風の流れを調節する昇降式リアセンターガラスが備えられているので、オープンカーの快適性をさらに便利に楽しめます。

S660の基本情報

新車販売価格 198〜289万円
中古車平均価格 197.4万円
平均燃費 21.2〜24.2km/L

S660のメリット・デメリット

S660のメリット・デメリット

引用:http://www.honda.co.jp/S660/

中古車のS660を検討中の方が中古車選びでおさえておくべきメリット・デメリットを解説しています。実際に中古車を探し選ぶ際に下記の点に注意しておくことで、初めて中古車を買う方でも失敗しない車選びができるでしょう。ぜひ参考にしてください。

S660のメリット

1 走りを追求した設計

S660は、走行性能に限りなく重点が置かれた設計をしています。特筆すべきは、前後でサイズが異るホイール&タイヤであること。リアタイヤが太くエンジン駆動を路面にしっかり伝えます。また、サーキット仕様のハイグリップタイヤが新車で標準装備されています。乗り心地は悪いのですが、その分走りを追求するオーナーが嬉しい仕様です。

2 電子装備の充実

「アジャイルハンドリングアシスト(AHS)」と呼ばれる旋回のしやすさをサポートする電子制御システムや、ブレーキ圧やアクセル開度を表示するセンターディスプレイなど、走りを楽しむ装備が充実しています。

S660のデメリット

1 気軽さや乗り心地は低め

タイヤ&ホイールのサイズや、タイヤの仕様など、乗り心地や静粛性を度外視している設計やパーツのため「気軽に乗れる軽」としての特徴はありません。荷室はまったくなく、利便性は低いといえます。

2 「使いやすい車」で選ぶならコペンのほうが上

利便性のなさや、走行性に特化した設計は乗る人を選びます。気軽にオープンカー感覚を楽しむなら、S660よりもコペンをおすすめします。S660は、オープンカーとしての性能を楽しみたい本格派の方が乗るべき車といえそうです。

中古車を安く買う方法と注意点

中古車を安く買う方法と注意点

1 いつものディーラーや近所の販売店で何となく買わない

車の買い方にこれまであまりこだわっていなかった方も多いはずです。

それが悪いわけでは決してなく、近所にお世話にならせてくれる業者さんがいるのはとても良いことです。

しかし一方で、モデル・グレードによる違いやカスタム内容に違いがあるような車種を購入する場合には「本当に得する車両」を探すのにひと手間かけるほうが絶対良いです。

なぜなら、ディーラーや近所の買取店に欲しい車の在庫があったとしても、それが中古車市場全体から見て「安いかどうか?」は分からないからです。

どんな方法でも構いませんが、中古車の価格をネットでチェックしてみることをおすすめします。

極端に平均価格が安いなどはどこかが故障している可能性が高いため、注意しましょう。

2 安く変える時期のタイミングを知る

中古車を安く変える時期にはある共通点があります。

その時期とは「決算期」に当たる時期です。決算期は年度(例:2018年4月初め〜2019年3月末)に2回あります。ひとつは「半期決算の9月」もうひとつは「年度末決算の3月」の時期。

車選びから納車までにはおおよそ1ヶ月程度かかるので、1ヶ月前に買い換えることがイチバン効果的です。

ただし、例外もあります。地域のニーズや購入する店舗の在庫などで大きく価格が変動する場合があります。

そのため、相場と比較して安いのであれば、そのときになるべく早く販売店に連絡すべきです。

車に限らず、最初高額な値段のものは価格が大幅に下がりますが、すでに安い価格のものは価格が下がっても少しだけです。

その差で良い中古車を誰かに買われてしまうのであれば、時期を無視してでも早めに購入することをおすすめします。

「買う意思がある/予定でいる」と販売店に事前に連絡しておき、仮押さえをしてもらう方法もあるでしょう。

3 今の愛車を高く買取査定する

中古車を安く買いたいのであれば、安い時期や購入する店舗選びだけではなく、「今の車をどれだけ高く売れるのか?」ということも大切ですよね。

実際、すでにディーラーに下取りに出す予定である人がいるかもしれませんし、廃車にしてしまう予定の人もいるかもしれませんが、そのままでは愛車を手放すときに損をしてしまうかもしれません。

愛車を高く売る方法は「今の車を高く買ってくれる業者を近所から探す」こと。

また、売るにあたって必要な書類や手続についても、ざっくりおさえておく必要があります。

中古車を買う前に今の車を高く売りたい方は、下記記事を参考にして、愛車を高く売るための買取知識をぜひ学んでみてください。

おすすめ記事:車を売るときの方法・注意点まとめ!失敗しない買取知識を解説

車を売るときの方法・注意点まとめ!失敗しない買取知識を解説

2017.12.28

4 非公開車両を検索する

中古車を安く買うにあたっては、様々な方法があります。

ここではすべてをご紹介できるわけではないものの、最もメリットのある方法は「非公開車両」から中古車を検索すること。

非公開車両とは、皆さんがいつも見ているWebカタログや雑誌に掲載されていない中古車のことで、大手販売業者が抱えている在庫のことです。

中古車を買うときには、「本当は事故車だから安いのでは?」「買ってすぐにトラブルが起きても保証してくれないのでは?」「素人だと思って騙されているのでは?」と色々なことが心配になります。

非公開車両から中古車を探せば、「在庫の有無」「価格」 など詳しい情報とともに車を紹介してもらうことができます。

S660を安く買いたい方向けのおすすめサービス

今回はS660の特徴や基本となる情報に加え、中古車を購入するときの注意点をご紹介しました。

S660は人気車種ですので、価格が高いことが多い車種です。V.Pでは、状態が良く、値段の安い中古車を「非公開車両」から検索することができる「ズバット車販売」をおすすめしています。

ただし、在庫の状況等により非公開車両検索でも該当しない場合がありますので注意しましょう。

非公開車両から欲しい車をカンタンに検索できる「ズバット車販売」

ズバット車販売紹介画像

出典:ズバット車販売

メーカー、予算等の条件を指定し名前とTEL、メールアドレスを入力するだけで大量の在庫から中古車を検索できるサービス。ひとつひとつの店舗で探す手間をかけることなく、登録するだけで希望の車の情報を受け取ることができるため、お得に中古車を探し購入したい方におすすめのサービスです。

ズバット車販売申込みフォームの使い方

出典:ズバット車販売

上記のフォームに必要項目を入力するだけでカンタンに中古車を検索することができます。まずは、非公開車両に目当てのクルマがあるか、情報をゲットしてみましょう。

乗り換え・買い替えを検討中の方におすすめのサービス

S660の購入を検討する前に、現在載っている愛車を高く売ることができれば予算にも余裕ができますよね。今の愛車をできるだけ高く売るためには、まず「相場」を知り、その相場より高いかどうかを確認して買取業者に買取査定を依頼する方法が最も効果的です。

すぐに愛車の相場を知ることができる「Goo買取」であれば、余計な電話やメールはなくカンタンに買取相場を知ることができます。

買取相場を無料で検索できる「Goo買取」

Goo買取紹介画像

引用:Goo買取

愛車を高く売る最も良い方法は、はじめに「買取相場」を知りその価格をもとに売却するお店を検索すること。次の車に買い換える前に、できるだけ高く今の車を売れるようにしておきたいですよね。Goo買取であればWeb上のみで買取相場を検索できるため、効率的かつ幅広く愛車の買取査定を進めることができます。

まとめ|S660を購入しよう

まとめ|S660を購入しよう

引用:http://www.honda.co.jp/

今回は、S660の特徴や購入の際に参考となる基本的な情報、中古車を購入するときの注意点をご紹介してきました。S660の性能に納得できた方は、ぜひ中古車の中から検討を進めてみてください。

また、V.Pでは「中古車人気ランキングTOP30」をご紹介しています。他のオープンカーをまとめて検討したい方は、ぜひ下記リンクより参考にしてください。

【中古車を安く買う】おすすめ人気中古オープンカーランキングTOP30

2017.06.04

V.Pでは、あなたの快適なカーライフを応援しています。

参考:S660公式HP

スポンサードリンク