【中古車を安く買う】おすすめ人気中古ハッチバックランキングTOP30

スポンサードリンク

ハッチバックという車の種類は他の分類方法に比べて車種の数が多く、絞り込むことが大変難しいジャンルです。ですが、ハッチバックに乗るメリットをおさえたうえで、ご自身のライフスタイルに合った車をハッチバックの中から選べば、その分「いい車」「自分にあった車」が見つかります。

今回は、ハッチバックに乗るメリットを最初にご紹介した後、ハッチバックの人気中古車ランキングをTOP30ご紹介していきます。ひとつひとつの車種の特徴と基本情報を解説していますので、自分に合った中古車選びに役立ててくださいね。

ハッチバックに乗る3つのメリット

ボンネット付きの車種のうち、全長が短い、あるいは車高が低いなどの理由でトランクや車室の容積が小さくなりがちな車種において、大きい荷物や長物の積み下ろしを楽にし、自動車の利便性(ユーティリティー)を少しでも高めるための手段として、跳ね上げ式、または横開き式の「バックドア」(背面ドア)を設けた車種である。

参考:ハッチバック – WIkipedia

1 積載性が高い

ハッチバックは、セダンを2BOXと呼ぶのに対し3BOXと呼ばれます。セダンは荷物を載せるトランクルームが別のスペースになっていますが、ハッチバックの場合はそのような区別がなく広々と空間を使って荷物を載せることができるために、実用性が高い車種が多いといえます。

車種によりそれぞれ差がありますので、自分の生活スタイルに照らし合わせて車を選ぶことが重要です。

2 室内空間が広く快適である

荷物を載せる部分と乗車するスペースがつながっているため、荷物の出し入れは走行中も可能です。また、軽自動車のほとんどはハッチバックに分類されますが、軽自動車のようなコンパクトな車体でも、構造上広々と室内を活用できるように設計されています。

3 性別問わず人気

ハッチバックは、分類上当てはまる車種が多いために様々な用途やサイズで車を選ぶことができます。セダン以外の車で実用的な車を検討している方にとっては、「ハッチバック」という分類で車選びをすると選びやすいのではないでしょうか。

つまり、様々な顧客層に合わせて設計されている車が多いために、性別問わずハッチバックという分類の中で車を選ぶことが最も選択肢を広く取れる方法なのです。

自動車保険(任意保険)・車検費用を節約しよう

自動車保険・車検は、車の維持費として大きな金額がかかります。参考として、自動車保険の一括見積もりや車検のサポートをしてくれるサービスをご紹介します。

自動車の任意保険は複数社を比較してみることをオススメします。

保険スクエアbang!

引用:保険スクエアbang!

また、必ずやってくる「車検」も、見積もりをしっかり行いつつ、サポートや質の高いものを選びたいもの。2年に一度やってくる車検も、せっかく軽自動車に乗るならしっかり節約していきたいですね。下記のサービスを活用すれば、地域や条件ごとに最適な車検店舗を検索することができます。

車検 EPARK

引用:https://otakara-shaken.com/

2016~2017年 人気中古ハッチバックランキングTOP30

1 トヨタ プリウス

引用:http://toyota.jp/prius/

プリウスの特徴

世界初の量産ハイブリッド車であるトヨタ プリウス。その特徴は、燃費の良さと静粛性、そして走行時の快適性です。ハイブリッド車として失敗しない車選びなら、まずプリウスを検討すべきでしょう。

プリウスの基本情報

新車販売価格 242.9〜339.4万円
中古車平均価格 242.5万円
平均燃費 34.0〜40.8km/L

2 スズキ ワゴンR

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/

ワゴンRの特徴

ワゴンRの特徴は、そのデザイン性と機能性の両立をしているバランスの取れたモデルであることです。人気車種として、カスタムや内装・外装を自分好みにカスタマイズして乗る楽しみも生まれます。

また、ファミリーカーとしてもセカンドカーとしても活用することのできる点で、様々な用途にクルマを使う家庭にとって利便性のあるクルマといえます。失敗しないクルマと言われるほど優秀です。

ワゴンRの基本情報

新車販売価格 107.8〜178万円
中古車平均価格 138.5万円
平均燃費 25.4〜33.4km/L

3 ダイハツ タント

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/

タントの特徴

タントの特徴は、デザインのかわいさ。丸みを帯びつつ洗練されているフォルムや、走行の安定性に定評がある軽自動車です。また、代を経るごとに運転席からの視界の広さや、荷物を載せる際に重要な広さも強化されています。

コンパクトなクルマを求めているが、荷物や家族を乗せる機会が多い方にとってオススメの一台といえるでしょう。

タントの基本情報

新車販売価格 117〜188万円
中古車平均価格 134.6万円
平均燃費 24.6〜28km/L

4 ホンダ フィット

引用:http://www.honda.co.jp/Fit/

フィットの特徴

高い人気を誇るホンダのコンパクトハッチバックであるホンダ フィット。コンパクトな車体であるため、小回りがききやすく使いやすい点が特徴です。また、燃費性能もよくエンジンもパワーがあるために、ドライブ自体を楽しみたい方にも十分な性能を備えています。

フィットの基本情報

新車販売価格 126.5〜225.3万円
中古車平均価格 137.8万円
平均燃費 19.0〜36.4km/L

5 ダイハツ ムーヴ

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/

ムーヴの特徴

軽自動車は普通車とくらべて、乗り心地が安定しない点がデメリットとしてあげられることが多く、軽自動車が遠距離の走行に向かないという文脈で語られることが多いです。その中でも、ムーヴは軽自動車の中でトップクラスの安定がある点が定評です。

ブレーキやコーナリングなど、軽量化されていても安定感のあるボディが魅力です。安定した乗り心地を求めるなら、ムーヴがオススメといえるでしょう。

ムーヴの基本情報

新車販売価格 113.4〜180.4万円
中古車平均価格 117.2万円
平均燃費 25.6〜31.0km/L

6 日産 ノート

引用:http://www2.nissan.co.jp/NOTE/

ノートの特徴

コンパクトカーという位置づけながら、広い室内空間を持つ日産 ノート。その特徴は、上質なインテリアと充実した安全装備です。また、燃費性能にも優れており、長く使い続けられる実用的な車種であるといえます。

ノートの基本情報

新車販売価格 125〜245.8万円
中古車平均価格 105.4万円
平均燃費 18.2〜37.2km/L

7 トヨタ アクア

引用:http://toyota.jp/aqua/

アクアの特徴

ホンダのフィット ハイブリッドを上回る燃費性能を実現した低燃費車種であるトヨタ アクア。圧倒的な燃費性能もさることながら、積載性や空気抵抗の少ない安定した走行性も魅力です。

アクアの基本情報

新車販売価格 169〜243.2万円
中古車平均価格 124.2万円
平均燃費 33.8〜37.8km/L

8 ホンダ N-BOX

N-BOXの特徴

N-BOXの特徴は、その”広さ”にあります。何人かで乗る機会が多い方にとってはイチオシの軽と言えるでしょう。また、長時間の運転でも疲れない乗り心地も評判です。

燃費は同じクラスの車両と比較するとカタログ燃費で20.8km/l~25.6km/lと少々劣ります。しかし、デザインの良さ、運転時視野が広めであるところなどといった細かな機能性が人気のポイントと言えます。

N-BOXの基本情報

新車販売価格 119.8〜160万円
中古車平均価格 129.8万円
平均燃費 15.11km/L

9 ミニ ミニ

引用:https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

ミニの特徴

BMWが製造するミニは現在3代目となります。伝統的なデザインに現代的なデザインも加わり、外観が更におしゃれになりました。デザインの他にも走行性や居住性も総じて評判が高いため、デザインが可愛く性能も良い車がほしいならミニを検討することをオススメします。

ミニの基本情報

新車販売価格 226〜429万円
中古車平均価格 264.6万円
平均燃費 14.8〜23.9km/L

10 マツダ デミオ

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/demio/?link_id=sbnv

デミオの特徴

マツダのエントリーモデルであるコンパクトハッチバック、マツダ デミオ。現在は4代目になります。燃費の良さとデザインから、車離れの進む若者にも好評を博しています。搭載されているクリーンディーゼルエンジンは加速・サウンドがよく、インテリアも高級感があるため、「乗っていて楽しい」ハッチバックといえるでしょう。

デミオの基本情報

新車販売価格 135〜224.6万円
中古車平均価格 155.6円
平均燃費 19.2〜30.0km/L

スポンサードリンク