【中古車を安く買う】おすすめ人気中古SUVランキングTOP30

スポンサードリンク

SUVに乗りたい!という方は近年増えてきています。SUVとは、スポーツ・ユーティリティ・ビークル(Sports Utility Vehicle)の略で、日本語では「スポーツ用多目的車」と略されます。その名前以上にライフスタイルに合わせた柔軟な使い方ができるSUVが、実用的な車として人気である理由です。

SUVを検討している方には、その条件や車の特徴は多岐にわたり、選ぶのは一苦労ですよね。そこで、今回は中古車の中で人気のSUVのTOP30を特徴ごとにご紹介していきます。この中から、ぜひお求めのSUVを見つけてください。

SUVに乗る3つのメリット

スポーツ・ユーティリティ・ビークル英語: Sport Utility Vehicle)とは、自動車の形態の一つ。「スポーツ用多目的車」と訳すことができる。通常はSUVと略すことが多い(SUVは誤り)。本稿においても、以下SUVと記す。3ドアと5ドアがあり、5ドア車の一部の車種では3列目の座席をもつものもある。

参考:スポーツ・ユーティリティ・ビークル – Wikipedia

ランキングを見る前に、SUVに乗るメリットを再確認していきましょう。あなたがどんなメリットを第一の条件にするかによって、検討する車種も変わります。

1 アウトドアに強い

SUVは、何と言ってもアウトドアに使える機能が満載です。広さ・積載性など、様々な機能がアウトドアを助けてくれます。スポーツ・アウトドアに利用することが多い方は、その相棒としてSUVを検討するのが最も良い選択肢でしょう。

2 悪路に強い

SUVは、概して悪路に強い点が特徴です。雪道や砂利道などの悪路走破性が高いので、そういった道を走る機会が多い方や、雪が多く降る地域の方にとって、SUVは最適な選択といえるのではないでしょうか。しかし、SUVは四輪駆動(4WD)の車両が多いですが、必ずしも四駆とは限らない点には、注意しましょう。

3 運転しやすい

SUVは、ワイルドな外見のものが多いですが、デザインなどによっては女性の方に人気のものもあります。見た目がワイルドなものが多いだけではなく、実際に走るときに運転しやすいのもSUVの特徴と言えます。その理由は、車高の高さ。見晴らしの良さが、視界の広さに直結しますので、運転が少し苦手でも乗りやすいことがポイントです。

ただし、サイズは大きいものが多いために、車選びではご自身のライフスタイルや停車する場所の広さを考えて検討することが大切です。

自動車保険(任意保険)・車検費用を節約しよう

自動車保険・車検は、車の維持費として大きな金額がかかります。軽自動車に限らず、SUVでもいじひようをなるべく抑えておきたいですよね。参考として、自動車保険の一括見積もりや車検のサポートをしてくれるサービスをご紹介します。

自動車の任意保険は複数社を比較してみることをオススメします。

引用:https://www.bang.co.jp/promo/landing05/?ID=ap099

また、必ずやってくる「車検」も、見積もりをしっかり行いつつ、サポートや質の高いものを選びたいもの。2年に一度やってくる車検も、せっかく軽自動車に乗るならしっかり節約していきたいですね。下記のサービスを活用すれば、地域や条件ごとに最適な車検店舗を検索することができます。

引用:https://otakara-shaken.com/

2016~2017年 人気中古SUVランキングTOP30

1 日産 エクストレイル

引用:http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/

エクストレイルの特徴

エクストレイルは、その走破性の高さから人気のSUVです。近年のSUVは外見や燃費性能に重点が置かれることが多いのですが、エクストレイルはSUV本来の「アウトドアに使える車」として長く人気がある車種です。

エクストレイルの基本情報

新車販売価格 223.9〜356.7万円
中古車平均価格 225.4万円
平均燃費 13.8〜20.6km/L

2 トヨタ ハリアー

引用:http://toyota.jp/harrier/

ハリアーの特徴

高級クロスオーバーSUVの人気車として知られるハリアーは、その外見の上質なデザインと、インテリアの高級感が魅力です。性能もさることながら、広さや積載性にも優れているため、高級かつ実用的な車として検討したい車種です。

ハリアーの基本情報

新車販売価格 272〜469.2万円
中古車平均価格 297.1万円
平均燃費 14.8〜21.8km/L

3 スズキ ジムニー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーの特徴

ジムニーは軽自動車でありながら悪路走行性が高く、一時期日本で起こった四駆ブームをけん引した車種として有名です。スズキのハスラーと比較されることもあり、今でも人気が続いています。

車体の小ささと、車高の高さで運転がしやすく、取り回ししやすいシンプルな車として活用できる機会も多くあるでしょう。

ジムニーの基本情報

新車販売価格 115〜169.1万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 13.6〜14.8km/L

4 スズキ ハスラー

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/hustler/

ハスラーの特徴

軽トールワゴンとSUVを融合させたジャンル、クロスオーバーSUVであるハスラーは、ジムニーと比較されることも多い車種です。”遊べる軽”というコンセプトどおり、アウトドア、スポーツにおいて大活躍してくれます。

装備や内装も機能的なものが多いために、ジムニーよりも機能性の高い軽&SUVがほしい方にフィットする車だといえます。

ハスラーの基本情報

新車販売価格 104.9〜173.8万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 23.2〜32.0km/L

5 ホンダ ヴェゼル

引用:http://www.honda.co.jp/VEZEL/

ヴェゼルの特徴

高級感のあるデザインが魅力のSUV、ヴェゼルは、実用性とスタイリッシュさを兼ね備えた車種として人気を博しています。エクステリア、インテリア双方の機能性とデザイン性が、コンパクトSUVとは思えないほどの質感です。

ヴェゼルの基本情報

新車販売価格 187〜288.6万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 19.0〜27.0km/L

6 マツダ CX-5

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

CX-5の特徴

CX-5は、2012年、2013年に「日本カーオブザイヤー賞」を受賞したこともある優秀な車種です。視点の広さ、静粛性といった運転時のストレスを感じさせない機能が魅力です。

CX-5の基本情報

新車販売価格 246.2〜352.6万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 14.6〜18.0km/L

7 トヨタ ランドクルーザープラド

引用:http://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザープラドの特徴

ランドクルーザーのSUV車として人気のラインドクルーザープラドは、悪路走行性が高くパワーがあるため、「どんな道でも走れる」車と言えるのではないでしょうか。オフロード走行をサポートしてくれる機能が搭載されているために、アウトドアにももってこいの一台といえそうです。

ランドクルーザーの基本情報

新車販売価格 315〜513.4万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 7.9〜11.8km/L

8 スバル フォレスター

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/

フォレスターの特徴

分類上、SUVであるフォレスター。SUVの中では全高が低い低重心の車体が特徴で、舗装された道路でも安定した走りを見せてくれます。また、スバル独自の技術により悪路走破性にも優れていますので、SUVさには欠けますがどんな場面でも使える車といえるでしょう。

フォレスターの基本情報

新車販売価格 209〜435万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 13.2〜16.0km/L

9 BMW X1

引用:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/at-a-glance.html

X1の特徴

コンパクトで乗りやすいSUVであるX1のイチバンの特徴は、荷室の積載性です。もちろん、走行性能に関しては文句ナシ。走りを追求しつつも積載性などの利便性も高い点で、ファミリーカーとしても十分実用的な車種であるといえます。

X1の基本情報

新車販売価格 385〜614万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 14.3〜19.6km/L

10 日産 ジューク

引用:http://www2.nissan.co.jp/JUKE/

ジュークの特徴

これまでにないコンパクトカーをコンセプトであるジューク。独創的な車種として高い人気があります。コンパクトスポーツカーとしての俊敏さとSUVとしての走行性を兼ね備えた機能的な車両といえるでしょう。また、エクステリアのデザインも魅力ですね。

ジュークの基本情報

新車販売価格 162〜346.9万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 12.6〜18.0km/L
スポンサードリンク