【相場と時期は?】オープンカーを高額買取査定で売るコツと注意点

スポンサードリンク

オープンカーを売りたいと考えている方は、ほかの車両タイプとは条件が異なるオープンカー独特の買取・査定方法は何かを調べているのではないでしょうか?

大事に乗ってきた分だけ、出来る限り査定額を高くして売りたいですよね。しかも、次の自動車購入の資金にもなりますから、次の車選びと同じくらい重要なことといえるのではないでしょうか。

ただ、下取りや何となく近場の業者に売ってしまうのは、大事に乗ってきた意味をなくしてしまうことになるため、注意が必要です。

今回は、オープンカーを買取に出すときにおさえておきたい注意点と、オープンカーを高く売るコツについて解説していきます。

「どうやって売ればいちばん高く売れるのかを知りたい!」という方に参考にしていただけるでしょう。査定買取に役立つサービスも掲載していますので、この記事を参考に愛車の買取査定を成功させてくださいね。

スタッフくん

いらっしゃいませ!

どのようなご用件でしょうか??

お父さん

オープンカーを高く売りたいんだけど…いい方法ないかな??

車を売るのは初めてで、売り方がよく分からなくてね…

スタッフくん

オープンカーを高額で売るなら、相場に合った価格で買取査定ができる店を探すことが大切です。

今回は、その方法をご紹介しますね!

お父さん

ほんと!?ありがとう!(これで商売になるのかな…)

新たなオープンカーの中古車を検討している方はこちらもチェック!

>>【中古車を安く買う】おすすめ人気中古オープンカーランキングTOP30

【中古車を安く買う】おすすめ人気中古オープンカーランキングTOP30

2017.06.04

 

オープンカー買取査定基準とは?|走行距離・修理状態・ルーフとの関係

オープンカー買取査定基準とは?|走行距離・修理状態・ルーフとの関係

引用:http://www.carsensor.net/ 画像:レクサスISコンバーチブル

スタッフくん

オープンカーは、ほかの車両タイプと比較して、買取査定でチェックされるポイントが少し厳しいんです。

そのため、査定前に対応できることは自分で改善しておき、万全の状態で査定買取りに出す…というのが正しい方法ですよ☆

お父さん

なるほど…

たしかに、ルーフなんかは壊れやすいからね。

売る前に車の状態をチェックしておかないとな…!

 

オープンカーで最も見落としがちなのは「格納ルーフ」の状態!

オープンカーは、他の車種にはない魅力がたくさんあります。

それは何と言ってもドライブの感覚をより感じることのできる形状です。ルーフが開閉式であることから、春夏の人気がかなり上昇するタイプの車でもあります。

実用性としては他の車種には劣ることがあるかもしれませんが、走る楽しさや刺激は何ものにも代えがたい良さであるといえるのではないでしょうか。

ところで、ウィキペディアでオープンカーの説明を見ると、その説明のほとんどが幌(ソフトトップ・ハードトップ・ルーフ)で占めていることがわかります。

オープンカーとは、屋根がないか、もしくは屋根開放が可能な乗用自動車を指す言葉。(中略)現在では、ほとんどの車種が折りたたみや取り外しが可能なを備えており、車種によっては収納式や取り外しが可能なハードトップが用意されているものもある。

参考:オープンカー – Wikipedia

つまり、オープンカーで査定時にチェックされる項目としても、幌の状態や修理歴が含まれていることでもあります。

オープンカーを売る際には、一般的な走行距離・状態のほか、「格納ルーフ部分」の状態が価格に大きな影響を与えるのです。

この格納ルーフの劣化状態によって査定額が大幅に変化しますが、その点さえクリアすれば、中古車市場ではオープンカーの需要は今の時代も十分ありますので、査定額にも期待できるでしょう。

 

オープンカーの査定基準は走行距離・修復歴・グレードや年式の人気

オープンカーに限りませんが、中古車査定における基準は日本自動車査定協会が設定する項目によって基本がつくられています。

そのチェック項目には「走行距離」「修復歴」「足回りの状態」など細かなポイントが並びますが、業者ごとに利益や販売ルートなどによって、買取額には大きな違いが生まれます。

また、時期・季節や年式・グレードの人気なども加味されたうえで査定額が決まるため、実際に査定見積もりをしてもらわないと買取額を正確に知ることができません。

あなたの載っている車種によっても、人気度や走行距離による価格の変化は大きく異なります。しかし、

その中でもオープンカーは、前述の格納ルーフの状態や特殊なニーズにより、正しい査定額を提示できない業者が多いのも事実なのです。

しかし、私たちが売り手としてできることは非常にシンプルです。それは、「正しい時期と必要なタイミングで、オープンカーの買取を得意とする業者に素早く売る」ということ。

むしろ、売りどきを調べようと1年…2年と経過しているうち、本当の売りどきを逃してしまうことだってあります。

早めの決断が重要です。

 

細かな傷や汚れ、ルーフの雨漏りがないように状態を良くして乗るべき

これまで解説してきたように、オープンカーを買取査定に出す場合には、ほかの車両タイプの査定ポイントとは別に、格納ルーフの状態が細かく見られます。

特に、オープンカーは車内まで風雨に晒され劣化することが多く、通常使用しているだけでホコリや汚れが溜まります。また、ルーフが付いていない分車両剛性が弱まっている車両が多いために、ボディ自体の劣化も早いです。

加えて、格納ルーフのうち「電動式」だと、モーターが故障してしまう可能性が高く、査定額に悪い影響があります。

できれば、そのような不具合や故障、劣化が起きない今のうちに、早めに買取に出しておくのが重要になります。

ただし、今すぐに売ることを検討していない方であっても、将来的に売ることを考えているのであれば、下記のポイントに注意しながら乗り続けることをおすすめします。

  • 乗るたびに車内につく汚れを定期的に掃除する。
  • 塗装や傷は早めに修理しておく。
  • 雨漏りや格納モーター故障を修理しておく。
  • サンシェードを利用して駐車場での良い状態での保管に努める。

また、状態が悪いまま売る際には、虚偽の申告をせずに、正直に車の状態や修復歴を伝えることが重要です。

整備士は、車全体からディテールまで、少しの歪みでも把握できます。そのため、わたしたちから見て不自然なポイントがなくても、整備士の目には明らかに不審に見える部分が出てきます。

特に、ルーフの状態は査定額に大きく響くポイントであるため、早めに状態を共有しておいて、その中でもできる限り高く買取をおこなってもらえるようにしておくことが大切です。

 

オープンカーの人気は下がる一方!売るなら早めがおすすめ

すでに何度かお話しましたが、オープンカーの人気・市場規模は下がる一方であることをご存じでしょうか?

東京、神奈川、埼玉、千葉の南関東エリアでも、オープン/コンバーチブルの中古車マーケットは非常に小さく、コンパクトカーやミニバンと比べると売却台数は20分の1程度となりました。

引用:【南関東】オープン/コンバーチブルの乗り替え体験談~走行距離と売却金額から高額査定のコツを分析~ – ズバット車買取比較

中古車市場を見て、最もオープンカーを購入する割合が高そうな首都圏でさえ、コンパクトカー、ミニバンなどのファミリー層向け車両と比べ20分の1程度の売却台数しかないのです。

ただし、「高級路線」の食品や飲料の売れ行きはまだまだ絶好調であるように、オープンカーもまったく需要がないわけではありません。

むしろ、台数が減り希少性が増しますから、「できるだけ安く買いたいけど、安い車が出回っていない」と嘆くオープンカー希望者も増えます。

あなたも、楽しむ車としてオープンカーを所有しているはず。であれば、それほど長期に渡って所有することを止めておき、7万キロ程度で手放す…という乗り方もありでしょう。

 

オープンカーを高く売るための注意点とコツ|買取の基礎知識

 オープンカーを高く売るための注意点とコツ|買取の基礎知識
お父さん

んで、結局高く売るためには何が必要なのかな…

スタッフくん

ここでは、実際にオープンカーを買取査定に出すときの注意点とコツについて解説します☆

 

では、オープンカーを高く売るために必要なコツをご紹介していきます。

コツをおさえ具体的な買取査定方法と手段を知っておくことは、想像以上に愛車を高く売ることに繋がります。ぜひ参考にしてください。

 

1 売り方をディーラー下取りだけに絞らないこと

一般的なディーラーでは、ある一定の基準に基づいて査定されるために本来の走行距離や年数に基づく相場とは関係なしに査定額が決まってしまうこともあります。

親身になってくれるディーラーがいる場合などを除き、車に詳しい友人や知人、知り合いの業者等がいない場合は高額買取業者を利用するのがベストといえるでしょう。

 

2 査定前に「洗車・清掃」を忘れずに行うこと

査定項目として、オーナーによる洗車や清掃が厳密に関わることはありません。

しかし、洗車や清掃による「綺麗さ」は不利益にはならないことも確かです。特にオープンカーでは、車両全体としての汚れははっきりと目立ちますので、掃除しておくに越したことはありません。

また、車内清掃と同時にワックスがけや装備品をすべて揃えておくことなど、査定前の最後のチェックとしてこの機会に整備してみることもおすすめ。

整備状況もひと目で分かりやすく、売るときのアドバンテージになるかもしれません。特に格納ルーフ周りはキレイにしておくと良いでしょう。

最後に、「自賠責保険証書」「整備手帳」といった必要書類等も同時に確認しましょう。ダッシュボードに整理しておけばOKです。

【中古車を安く買う】おすすめ人気中古オープンカーランキングTOP30

2017.06.04

 

3 売るタイミングは「春」「夏」

オープンカーの需要が高まる時期は、「春」「夏」になります。

「査定買取→再販売」までには1ヶ月ほどかかると予想しておけば、業者にとっても一番売れるタイミングで買取ができるようになるため、高額買取も期待できます。

おおよそ、3月〜8月の間に売ると良いでしょう。

ただし、季節だけではなくリセールバリュー(再販売価値)や年式の新しさも重要になってくるため、3年以内の比較的新しい車を売るのであれば、季節よりも車自体の価値を優先するべきです。

 

4 実店舗で買取を検討する場合も「査定額の相場」を知っておくべき

ネットで査定見積もりを進められる査定サイトや、ネット上の情報検索でおおよその買取額を調べることは簡単にできます。

しかし、「もっと高く売りたい」と考えている方の中には、実店舗を周り、実際に目の前で査定をしてもらって買取額を検討しようとしている方も多いでしょう。

そこで自分の満足できる買取額がつけば、それに越したことはありませんよね。

しかし、この方法にはひとつ落とし穴があります。

それは、あなたが査定見積もりのために費やす時間と苦労です。あなたの休日をすべて使って買取査定のために店舗を周るのは、想像以上に大変です。

ネットから査定見積もりをおこない、必要なら出張査定を行なってもらえば、あなたの手間はかかりません。

実際の相場を知らずに買取店の査定額に納得してしまったが、後々査定額が相場よりもずいぶん下だった…ということがないように、一度見積もりを取って情報収集しておくのも大切であるといえるでしょう。

 

5 虚偽の申告やウソをつかない|特にルーフ(幌)の修理歴など!

先ほども解説しましたが、ルーフの状態などを代表として虚偽の申告をして査定をおこなってもらうのはNGです。場合によっては取り扱ってくれなくなる可能性があります。

また、隠すよりも正直に話したほうが、業者によっては修理・整備したうえで再販売するからあまり価格が下がらないなどのメリットがあることが多いです。

後から判明し減額されることがないように、最初から正式な査定額を出してもらえるようにすることが重要です。


ここまで、オープンカーを買取査定に出すときの注意点やコツについて解説してきました。

上記で解説したポイントをもとに査定買取を進めれば、あとは業者選びをするだけでOKです。でも、オープンカーの専門業者を探すのはむずかしい…と感じているのではないでしょうか?

その点は心配いりません。

一括査定サイトとは異なり、近隣の地域からオープンカー買取に強みを持つ業者を検索できるサービスを下記でご紹介しています。

今すぐ買取査定をしたい方は、ぜひ最初に近隣の業者を検索してみましょう。下記に掲載しているボタンから、買取検索サービスを利用することができます。

 

今の愛車を高く売るなら必見!「ユーカーパック」の特徴と利用の流れ

高価買取店をカンタンに探せる「ユーカーパック」

出典:https://ucarpac.com/

「ユーカーパック」の特徴

ユーカーパックは、1度の申し込みで最大2000社が公開入札してくれる中古車買取サービスです。

あなたの愛車を下取りよりも圧倒的に高く査定してくれる高価買取店を地域ごとに見つけることができます。申し込みは電話ではなく、たった1分程度の入力で完了です。

また、最初の申し込み入力後に概算の査定額がわかるため、「どのくらいで売れるんだろう?」と疑問を抱いている方も簡単に利用できます。

「ユーカーパック」を通してすべてのやり取りが完結するだけではなく、査定自体も近所のガソリンスタンドや住所でおこなえるため、時間がない人にもおすすめ。

査定は無料です。(後から断ることも可能)また、一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることもありません。気軽に査定依頼をしてみましょう。

 

買取査定の流れ

  1. 「メーカー/車種」「年式」「走行距離」「名前」「郵便番号」「電話番号」を記入
  2. 入力後、概算価格をチェック
  3. 後日、ユーカーパックから1度だけ連絡が来るため査定日時などを相談する
  4. 査定を自宅や近所のガソリンスタンドでおこない査定額が決定
  5. 決定した査定額を元にユーカーパックの登録業者が買取価格を提示
  6. 価格に納得がいく業者で買取手続きを行う

 

オープンカー人気モデルの買取価格相場一覧

オープンカー人気モデルの買取価格相場一覧
スタッフくん

ここでは、目安として中古車市場で人気のオープンカーを掲載しています☆

参考までにご覧ください!

 

国産車人気モデルの買取相場

国産車のいオープンカーの中では、ロードスター、スープラ、MR-S、S2000、コペンなどが人気を博しています。ただし、コンパクトカーやミニバンなどの志向性への変化から、オープンカー自体のニーズが減少しつつあることも確かです。

そのため、中古車市場価値が高い車であればあるほど、年数による下落幅も大きいということになります。

買取相場は100万円以上、場合によっては新車の7割の価値で査定額が決定することもあるため、下記の車種に該当する車をお持ちの方は、できる限り早めに売却することをおすすめします。

 

マツダ ロードスター

マツダロードスターはモデルチェンジごとに先代モデルの価格が大きく下落するため、マイナーチェンジ、モデルチェンジ前の買取をおすすめします。

国産スポーツタイプの車両の中では特に価格の下降率が低いですが、中古車市場で人気のあるうちに手放すのもひとつの方法です。

おおよそ、買取査定では100万円以上になります。

 

トヨタ MR-S

MRSは軽量化・運動性能の高さにより、未だに高い人気を博す車種になります。また、スポーツモデルの中では比較的低燃費なこともあり、経済性を少し気にするオーナーにも気に入ってもらいやすいです。

状態によりますが、おおよそ50万円〜100万円で買取査定されます。

 

ホンダ S2000

ホンダS2000のうち、2000年代に販売されたものであれば比較的高値で買い取りを行うことができるでしょう。パワーを求めるオーナーに人気のモデルです。

S2000の2004年モデル2.0ベースグレードで80万〜100万円ほどが買取額の目安です。

 

日産 フェアレディZ

日産車として代表格とも言えるスポーツカー、フェアレディZは中古車市場では非常に高額で取引される車種になっています。

もちろん状態によりますが、希少性が高い年式・モデルで売る業者さえ間違えなければかなり高額で査定してもらうことができます。

状態が良ければおおよそ200万円以上も望めます。

 

トヨタ スープラ

2018年に新型スープラが再登場する影響もあり、価格は今後下落することが予想されます。中古車市場ではおおよそ良好・高値で取引されているため、特に修理歴などがなければ高額査定が望めます。

状態にもよりますが、50万円以上を狙うことができます。

 

ダイハツ コペン

2002年に発売開始されてからコンパクトなオープンカーとして人気のあるコペン。今でも、新車価格の7割ほどの高額で販売されており、特に先代モデル(L880K)が人気です。

2007年モデルのアルティメットエディションでおおよそ80万円〜100万円をキープしています。

 

外国車人気モデルの買取相場

外国車オープンカーでは、国産車に比べて中古車市場での価格下落率が少ない点が特徴です。

そのため、オープンカーの買い替えを検討している方は、今後外国車を買ったほうがリセールバリューが高いと考えるべきでしょう。

 

BMW Z4

BMW Z4はギアチェンジの減速やショックが少ない乗り心地と、快適性を兼ね備えたオープンカーとして、今現在も人気のオープンカーです。

参考までの買取価格ですが、状態が良ければ2009年モデルでも100〜200万円で買取査定をおこなうことができます。

 

ポルシェ ボクスター

ポルシェは軒並み高額で取引されますが、オープンカーであるボクスターも例外ではありません。場合にもよりますが、600万円以上で買取査定をおこなうことができた事例も珍しくないです。

ただし、金額が大きいため、複数の業者に査定見積もりを出してもらったほうが、後々後悔することがなく済むでしょう。慎重に何度か査定を通して、買取相場を実感値として知ることが重要です。

 

メルセデスベンツ SLKクラス SLK350

メルセデスベンツのSLK350は1997年に初代モデルが登場し、2004年にモデルチェンジしてからも長い人気があります。

おおよそ、中古車の販売価格が200万円以上から700万円以内なので、そこから逆算すると100万円〜400万円当たりが買取相場になります。

 

フォルクスワーゲン ザ ビートルカブリオレ

ザ ビートルはエコカー減税にも対応していた異色のフルオープンカーです。2013年モデルが特に高値で取引されていて、おおよそ200万円〜400万円の間で中古車価格が推移しています。

状態が良ければ100万円〜200万円で取引されます。

 

MINI(ミニ)  ミニコンバーチブル

ミニコンバーチブルには、電動ソフトトップモデルのオープンモデルと手動式ソフトトップのロードスターの2種類が存在します。

中古車販売価格はモデルや年式により差がありますが、2009年あたりのモデルだとおおよそ80万円〜400万円ほどで購入することができるため、30万円〜200万円の間で買取になります。

 

オープンカー買取専門の有名店一覧

スタッフくん

オープンカー買取専門店で有名なお店をご紹介します☆

近所にある場合には、利用してみるのをおすすめしますよ♪

 

ここでは、オープンカー専門店として有名な業者さんを東京都内の方に向けてご紹介していきます。東京都街の方は、下記でご紹介するような専門店があるんだ、ということをチェックすればOKです。

上手に専門店を見つけて、高額で買取をしてもらえるようにしておきましょう。

 

リアルオープン

東京都昭島市のオープンカー専門店では、オープンカーの修理・購入・売却までフルサポートしてくれる優良店です。

特にルーフの修理やメンテナンスなどをおこなってくれるため、一般車両の修理業者よりも頼りになります。

参考:リアルオープンの公式HP

OZ

東京都練馬区にある株式会社オズでは、ベンツやBMW、ポルシェ、フォルクスワーゲン、アウディなどの腫瘍輸入中古車を販売・修理、ならびに買取をおこなっている販売店です。

「オープンカーをこれから購入するが初心者なのでメンテ方法が分からない」など、初心者の方をサポートしてくれる店舗として評判があります。

オープンカー専門 中古車販売 東京 練馬の株式会社オズのホームページです。ベンツ BMW ポルシェ VW アウディなどの輸入中古車の販売、修理、買取、メンテナンス、車検までお気軽にご用命ください。

参考:OZ公式HP

 

まとめ|オープンカーの買取査定を成功させましょう

スタッフくん

オープンカーは一般車より独特な売り方・注意点があります。

ぜひ、愛車を高く売れるように、ご紹介した内容を参考にしてくださいね☆

お父さん

うん、ありがとう!

とりあえず、業者を検索してみるよ!

今回は、オープンカーの買取査定を成功させ、愛車を高く売るための方法とコツをご紹介しました。今回ご紹介したコツと注意点をおさえて買取査定に望むことで、納得できる価格で車を売ることができるでしょう。

もし必要になったら、また査定前に注意しておきたい点をチェックしに来てくださいね。

V.Pは、あなたのカーライフを応援しています。

スポンサードリンク