【中古車を安く買う】ステーションワゴンおすすめ人気中古車ランキングTOP30

スポンサードリンク

ステーションワゴンは走りを楽しむうえでも、荷物を載せた外出に使ううえでも実用性のある車両タイプです。ドライブも好きだけど、実用的な車がほしい!そんな方がステーションワゴンの購入を検討しているのではないでしょうか。

今回は、ステーションワゴンの人気中古車ランキングをTOP30ご紹介します。それぞれの車ごとに特徴と基本情報を掲載していきますので、ぜひご自身の中古車選びに役立ててくださいね。

スタッフくん

いらっしゃいませ!

どんなお車をお探しですか??

お父さん

ステーションワゴンがほしいんだけど…どれがおすすめなの??

スタッフくん

ステーションワゴンであれば…

  1. 積載量が実用的である
  2. 走行性や乗り心地が優れている

この2つのポイントから選ぶことが大切です!

 

ステーションワゴンに乗る3つのメリット

ステーションワゴン (station wagon) は、自動車のスタイルの呼称である。いわゆる2ボックスの形状で前部にはエンジンフード、後部には乗員の座席とひとつづきの荷室を備えている。1990年代以前は荷室に予備座席(ジャンプシート)を備え現在のミニバン並みに使えるものも少なくなかった。単にワゴンとも呼ぶが、報道などで「ワゴン車」という場合はワンボックス型であることもある。

参考:ステーションワゴン – Wikipedia

ステーションワゴンに乗るメリットはどのようなものでしょうか?

ここでは、ステーションワゴンを選ぶ際に参考になる、「ステーションワゴンのメリット」を3つに分けて解説していきます。

 

1 走行性・安定性が高い

ステーションワゴンの最大の特徴は、「走行性能」「安定感」にあります。

家族でドライブするときも、通勤やちょっとした外出でも、安心して乗りこなすことができる車はかなり実用的です。

また、純粋に走りを楽しめる車も多いため、純粋なクルマ好きの方にとっても、選ぶメリットは大きいといえるでしょう。

 

2 積載性がある

ステーションワゴンは、「ワゴン」という名前の通り、荷物を載せるスペースが最大限確保されている車種が多いです。

アウトドアや家族での外出時には、大きめの荷物を運んだり、買い物をした荷物を載せたりする際の積載性がとても大切です。

ただし、ステーションワゴンの中にも、積載性よりも走行性能を重視した車種があるため、積載性は選ぶクルマごとに細かく見ていくことが大切です。

 

3 サイズ感・燃費が良い

軽自動車ほどコンパクトではありませんが、バンタイプのクルマより省スペースであることもステーションワゴンのメリットのひとつです。

道幅の狭い地域に住んでいる方や、小回りを効かせる場面が多いドライバーにとっては、運転のしやすさの観点からとても便利です。

また、燃費性能も軽自動車の次に良いため、維持費の面でも期待できます。月々のガソリン代も安く済むため、非常にコスパが良いのがステーションワゴンなのです。

 

✓自動車任意保険・車検を節約する方法

自動車保険・車検には、隔年で大きな金額がかかります。新しく中古車を買い換える時期には、自動車保険や車検を出す業者を選んでおくことも大切です。

また、乗り換えを検討している方の中には、「今まで乗っていたクルマの車検代が高い」という悩みを抱えている方も多いでしょう。

下記では、自動車保険を安く済ませることのできるサイトや、オトクな車検業者を見つけることのできるサイトをご紹介しています。

必要な方は、ぜひチェックしてみてください。

自動車保険は複数社比較がおすすめ!「保険スクエアbang!」

保険スクエアbang!

出典:保険スクエアbang!

「保険スクエアbang!」は、自動車保険の見積をカンタンに調べることのできる「一括見積依頼」のサービスです。

最初に持っているクルマのメーカー名を選択して簡易見積りを確認します。そのあとに、細かな条件を入力して様々な保険会社の見積を比較することができます。

自分で一社ずつ調べる必要がないため、難しいことを考えず保証内容と金額を見るだけで保険の手続きをすすめることができます。

下記ボタンより、最初の無料見積を始めることができます。

 

範囲は全国!地域ごとの安い車検業者を検索できる「EPARK車検」

車検 EPARK

出典:https://otakara-shaken.com/

格安な車検業者は、自分一人で調べるのはとても骨が折れる作業です。また、料金だけ聞いて帰るのが後ろめたい方も多いはずです。

「EPARK車検」なら、あなたの近隣の業者の車検費用を検索し、比較する小音がカンタンにできます。

買い替えを検討する前に、車検費用をもう一度確認してみましょう。

下記ボタンより、郵便番号を入力して車検業者を検索することができます。利用は”無料”です。

 

2016~2017年 人気中古ステーションワゴンランキングTOP30

人気中古車のうち、ステーションワゴンに範囲を絞ったランキングTOP30を掲載しています。

それぞれの車種について特徴や燃費情報、中古車価格などをご紹介しているので、ご予算に合わせて探してみてください。

また、それぞれの車種ごとに詳細情報がある場合は、別記事で細かく購入時の注意点や安く買うコツをご紹介しています。こちらも合わせて参考にしましょう。

上記のボタンをおすことで、良質な中古車を格安で購入できる「ズバット車販売」から車を探すことが可能です。見積を取るだけなら無料ですので、気軽にボタンを押してくださいね。

では、TOP30を見ていきましょう!

 

1 スバル レガシィツーリングワゴン

1 スバル レガシィツーリングワゴン

引用:https://ucar.subaru.jp/

レガシィツーリングワゴンの特徴

「グランドツーリングイノベーション」をコンセプトとして設計された5代目レガシィツーリングワゴン。

居住空間の快適さやエンジンの静粛性、安全性能の高さが特徴です。

レガシィツーリングワゴンの基本情報

新車販売価格 236.3〜418.7万円
中古車平均価格 160.5万円
平均燃費 10.2〜14.4km/L

 

2 BMW 3シリーズツーリング

引用:http://www.bmw.co.jp/

3シリーズの特徴

スポーツ性能があり、かつ長時間のドライブにも適応できる万能型のセダンであるBMW 3シリーズ。

内装はさっぱりしており、他の高級感のあるセダンと比較するとシンプルですが、走行性能は抜群です。

峠道からいつもの買い物、そしてちょっとした遠出まであらゆるシチュエーションで活躍してくれます。

3シリーズの基本情報

新車販売価格 399〜879万円
中古車平均価格 353.3万円
平均燃費 13.5〜21.4km/L

 

3 トヨタ カローラフィールダー

3 トヨタ カローラフィールダー

引用:http://toyota.jp/corollafielder/

カローラフィールダーの特徴

トヨタを代表するコンパクトステーションワゴンであるカローラフィールダー。

上質でスポーティなイメージを演出しながらも、機能面が充実しています。後席を倒した場合に872Lという荷室容量を確保することができます。

カローラフィールダーの基本情報

新車販売価格 153.2〜253万円
中古車平均価格 152.3万円
平均燃費 16.0〜33.8km/L

 

4 AMG Cクラスワゴン

4 AMG Cクラスワゴン

引用:https://www.goo-net.com/

Cクラスワゴンの特徴

メルセデス・ベンツのDセグメントモデルであるCクラスをベースとしてAMGが手を加えたモデルであるCクラスワゴン。

快適なクルージングからサーキット走行用までセッティングを変更できるAMGダイナミックセレクトを装備しています。

Cクラスワゴンの基本情報

新車販売価格 943〜1465万円
中古車平均価格 816.3万円
平均燃費 9.5〜11.7km/L

 

5 スバル レヴォーグ

5 スバル レヴォーグ

引用:https://www.subaru.jp/

レヴォーグの特徴

レヴォーグは、スバルがレガシィに代わり投入したツーリング専用モデルです。

特筆すべきは性能と積載容量の両立。1980年からスポーツワゴンを作り続けている技術が、シャシー性能とラゲージスペースの広さの両立を可能にしているといえます。

また、スポーティな走行もストレスなく行うことができるため、総合的に優秀な車種といえます。

レヴォーグの基本情報

新車販売価格 266.8〜394.2万円
中古車平均価格 260.2万円
平均燃費 13.2〜17.6km/L

 

6 メルセデス・ベンツ Eクラスワゴン

引用:http://www.mercedes-benz.co.jp/

Eクラスワゴンの特徴

メルセデス・ベンツEクラスワゴンは、クーペのような曲線デザインと上質なインテリアが魅力です。

積載容量も、「VDA方式」で最大1820Lの容量を確保することができます。

Eクラスワゴンの基本情報

新車販売価格 712〜1050万円
中古車平均価格 744.6万円
平均燃費 11.1〜21.0km/L

 

7 アウディ A4アバント

引用:http://www.audi.jp/

A4アバントの特徴

アウディA4は、ヨーロッパでDセグメントと呼ばれるカテゴリーに属している車種。

A4アバントは、そのA4のステーションワゴンタイプとして、2005年から発売されました。

エンジンを縦置きにしつつ前輪駆動を採用しているため、安定した走行性能を発揮します。また、積載性にも優れています。(最大1430L)

A4アバントの基本情報

新車販売価格 476〜708万円
中古車平均価格 494.2万円
平均燃費 15.5〜18.4km/L

 

8 BMW 5シリーズツーリング

引用:https://bmw-new5.jp/

5シリーズの特徴

3シリーズと比較すると、後部座席が比較的広く、長距離での安定・快適性のある走行が可能なBMW 5シリーズ。

広い室内空間と安定した走行性、どっしりとした重厚感のあるデザインとは裏腹にライバル車とくらべて軽量化が図られているところなど、特筆すべき点が何点もある優秀な車種です。

高速道路の走行や長距離ドライブを良くする方には特におすすめできる車種であるといえます。

5シリーズの基本情報

新車販売価格 599〜1017万円
中古車平均価格 情報なし
平均燃費 12.5〜21.5km/L

 

9 フォルクスワーゲン ゴルフヴァリアント

引用:http://www.volkswagen.co.jp/

ゴルフヴァリアントの特徴

フォルクスワーゲンの代表モデルである「ゴルフ」。そのステーションワゴンモデルがゴルフヴァリアントです。

「フロントアシストプラス」が標準装備され、安全性能も高められています。また、ワゴンとしての実用性も高く、後席を折りたためば1620Lもの容量を確保することができます。

ゴルフヴァリアントの基本情報

新車販売価格 269.5〜581.8万円
中古車平均価格 221.4万円
平均燃費 13.0〜21.0km/L

 

10 ホンダ シャトル

引用:http://www.honda.co.jp/

シャトルの特徴

ホンダのコンパクトハッチバックであるシャトル。現行モデルは3代目になります。

ハイテク感と美しさを追求した外観と多彩なシートアレンジや収納が可能な内装が魅力です。またシートも快適性が高められています。

シャトルの基本情報

新車販売価格 126.5〜225.3万円
中古車平均価格 137.8万円
平均燃費 19.0〜36.4km/L

スポンサードリンク