スズキジムニー(JA11・JB23)中古車の注意点!安く買うコツは?

スズキジムニー(JA11・JB23)中古車の注意点!安く買うコツは?
スポンサードリンク

スズキジムニーの中古車を購入する際には、どのような注意点があるのでしょうか?

これからジムニーを買おうとしている方は、ジムニーにはどのような型式があって、買うなら何型を選べば良いのか、どのような価格相場で売られているのか、上手く情報収集できていない方も多いはずです。

「とにかく現行モデルを安く買うことができればいいだろう」「人気ランキングのモデルを選べばいいだろう」…そう考えてはいませんか?

それだと、自分に合っていないジムニーを買って後悔してしまうことになるかもしれません。

そこで今回は、中古車のジムニー車両を選ぶポイントやおすすめの人気型式である「JB23型」「JA11型」を中心に購入時のチェックポイントを解説していきます。

また、走行距離の限界やエンジンの状態の良し悪し、安く中古車を買う方法や愛車の買取方法もご紹介しています。

この記事を読むことで「どれを選べばよいか分からない」というジムニー購入予定の方が、失敗せずに自分に合ったジムニーを選ぶことができます。ぜひ参考にしてくださいね。

下記のおすすめ記事では「中古車を買うときの方法」をわかりやすくまとめています。

「中古車を買う方法をとにかく知りたい!」という方は下記記事が参考になるでしょう。

おすすめ記事:中古車を買うときの方法・注意点まとめ!失敗しないクルマ選びを解説

中古車を買うときの方法・注意点まとめ!失敗しないクルマ選びを解説

2017.12.28

 

INDEX

スズキ ジムニーとは?

スズキ ジムニーとは?

スズキジムニーは日本に数あるオフロードSUVの中でも特に人気の高い軽自動車です。

初登場の1981年から現在にかけて、軽SUVとして長い人気を博しています。

オフロード走行に特化しているだけではなく、そのカスタム性や今の車にない良い意味で硬い乗り心地など、マニアにとっても「味」のある名車だといえるのではないでしょうか?

あなたも、そんなジムニーを自分でカスタマイズしながら乗りたいと考えている方の1人だと思います。

ただし、今回解説していくように、ジムニーは低年式車(年代が古い車)や過走行車(走行距離が10万キロ以上の車)のほか、カスタムが数多くなされている車など、選び方がとても難しいのが事実。

そこで今回の記事では、ジムニーの特徴を解説していきながら、あなたに最も合うジムニーの状態や価格をレクチャーしていきます。

今すぐ中古車を探すなら「ズバット車販売のメリット」を参考に、良質なジムニーを検索しましょう。

 

ジムニーの特徴・基本情報・スペック

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーの特徴

一時期日本でブームを起こした「四駆タイプ」の車両の代表格であるスズキ ジムニー。

長い歴史があり、現行型モデル以前のモデルから、長くオフロード車好きやカスタム好きの間で人気があります。

他の軽自動車に比べて燃費性能はあまりよくないものの、走りの強さは四駆ならではの性能です。

また、小回りが効き、どんな悪路も走破することができます。

悪路を走行したり、雪道を走行したりすることが多い環境に住んでいる方にとってオススメのオフロードSUVといえるでしょう。

また、デザインはシンプルで男女問わず乗りこなすにはバッチリの外観で、通勤や通学、アウトドアなど多用な用途で使えるのも大きなメリットです。

 

ジムニーの基本情報

新車販売価格 115〜169.1万円
中古車平均価格 93.5万円
平均燃費 13.6〜14.8km/L

 

スズキジムニーの中古車相場価格

ジムニーの中古車価格は各型式・年式によって大きな差があります。

また、時期や台数の多さ・少なさによっても平均値が大きく変わります。

加えて、カスタム車として高値で取引されているものや、年式が古くてもメンテナンスが行き届いており、かなり状態の良いジムニーであれば高額な場合もあります。

下記では、大まかな年式別に中古車平均価格を掲載していますので参考にしてください。

型式 年式 平均価格
JA12 / JA22 〜1996年以前 〜50万円
JA12 / JA22 1997年〜1998年 〜40万円
JB23-1 – JB23-5 1998年〜2004年 〜40万円
JB23-6 – JB23-8 2005年〜2011年 60〜140万円
JB23-9 – JB23-10 2012年〜2018年 130万円〜140万円以上

参考:価格.com – ジムニー(スズキ)中古車の相場情報を参考に作成

価格帯が低い車両もありますが、保証がついていない、修復歴がある、きちんとメンテナンスされていないなど、車両状態が極端に悪い車両も出回っているため注意が必要です。

安心かつ安い中古車を買うには、下記のサービスがおすすめです。

 

スズキジムニーをお得に買う方法は?

ズバット車販売紹介画像

スズキ ジムニーの中古車を安く買いたいと考えていると、不安なことは大きく分けて2つ。

ひとつは、「安い値段の中古車が見つからないのでは?」という価格の不安。もうひとつは「安く買えてもすぐに壊れてしまうのでは?」という質の不安です。

安く質の高い中古車を買うためには、一般の中古車カタログや個人売買で探しても良いジムニーは見つかりません。ほかの方法で探す必要があります。

最もお得な探し方は、一般の方々が探すことのできない「非公開車両」から中古車のジムニーを探すこと。

一般の自動車カタログや中古車販売店では手に入らない良質なジムニーを見つけることができます。

非公開車両検索サービスを使えば、あなたの手を煩わせることなくネット上から依頼するだけで、予算と条件に合ったジムニーを探すことができます。

また、保証内容が充実しているため、購入にあたって心配なことはありません。

 

 スズキ ジムニーの現行型モデルと旧型モデル比較!

スズキジムニーには、現行型モデルである「JB23」と、主に中古車市場で出回っている旧型モデル(JA11,JA12など)に大まかに分類することができます。

この現行型と旧型の特徴と注意点をおさえることで、あなたにとって最も満足できるモデルのジムニーを見つけることができます。

まずは、現行型と旧型、両方の特徴と注意点をざっくり確認していきましょう。

 

現行型スズキジムニー(JB23)の特徴と注意点

「現行型モデル」にも数多くの年式がありますが、オフロード走破性と小回りの良さ、シンプルな見た目は年式共通です。

現行型モデルはJB23という型で呼ばれていますが、それ以前のジムニーに比べて、男女問わず乗りやすいデザインになっています。

旧型は、もう少し無骨なデザインになっています。(それにも味がありますが)

ジムニーをとことんカスタムするために買う方以外は、基本的にJB23の現行型モデルを購入することをおすすめします。

中古車市場でも、走行距離数・状態の良さ、台数、価格の複数の観点から見て、中古車を探しやすいことが理由です。

 

現行型スズキジムニー(JB23)を買うべき人

現行型スズキジムニーは、カスタムなどはあまり考えていない方や、故障しても自分で修理することは考えていない初心者の方におすすめです。

また、状態の良い車に乗りたい方がほとんどだと思うので、車の詳しさにあまり自信がない方は、JB23のジムニーを探すことをおすすめします。

  • ジムニーはノーマルの状態で乗りたい人
  • ある程度修理や故障に対応できる自信がない人
  • できるだけ状態の良いかつ安いジムニーに乗りたい人

 

旧型スズキジムニー(JA11)の特徴と注意点

旧型モデルのスズキジムニーは、JA11型を代表として、いくつかのモデルに分類することができます。

現行モデルがすでに17年前から発売されているため、それ以前のモデルは当然高年式車になります。

ただ、デザインのシンプルさは現行型よりも人気が高く、専門雑誌や専門店・カスタム業者などが存在するほどの人気があります。

そのため、最寄りにジムニーの修理や故障に対応してくれる業者がいたり、カスタムをこれからどんどんしていきたいオーナーの方にとっては、旧型ジムニーを買うメリットがあります。

 

旧型スズキジムニーを買うべき人・買って大丈夫な人

旧型ジムニーは、オフロードSUVの初期型を楽しんで乗るアウトドア志向な方が買うべきです。

また、カスタム車が中古車市場で多く出回っているため、自分好みのジムニーにドレスアップしていきたい方にもおすすめできます。

ただ、自分で整備したり、修理や故障箇所が発生した場合には対応する必要がありますので、その点を承知したうえで購入しましょう。

  • どうしてもジムニーの旧型モデルに乗りたい人
  • カスタム車のジムニーを乗りこなしたい人
  • 整備・修理などにある程度自信がある人

下記のボタンから、それぞれのモデルのジムニーを探すことができます。


ここまで、現行モデルと旧型モデルの特徴に加えて、それぞれのモデルを購入するべき人を解説してきました。

ここまで読んだ方は、ジムニーには大まかに2つのモデルが出回っていることがお分かりいただけたのではないかと思います。

今すぐジムニーを検索したい方は、「ズバット車販売のメリット」を参考にしてください。

次は、現行モデルと旧型モデルのジムニーの中古車を選ぶ方向けに「中古車を選ぶ注意点」を解説していきます。

中古車を探す際の注意点を知っておけば、自分の求める条件・価格のジムニーを見つけやすくなります。

ぜひ買いたいモデルのジムニーの注意点を参考にしてください。

 

人気型式(JB23)のスズキジムニーの中古車の選び方と注意点

人気型式(JB23)のスズキジムニーの中古車の選び方と注意点

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

ジムニーの現行モデルJB23は長く同じデザインと性能を維持している珍しいオフロードSUVです。

ほかの車は大幅に見た目が変わるのに、ジムニーは昔からそれほど変わっていません。

中古車市場でなかなか値段が下がらない理由が、なんとなくわかりますよね。

ただし、現行モデルでも年式によって少しずつ違いがあります。

また、年式や特徴に違いがあれば、その分不具合の様子や市場に出回っているジムニーの質も変化します。

そこで下記では、現行型ジムニー(JB23)の各マイナーチェンジ車の特徴と、探すときの注意点についてまとめてみました。

 

現行モデル(JB23・3代目ジムニー)の各マイナーチェンジ車

 

JB23-1型(1998~2002年)・JB23-2型(1999年)・JB23−3型(2000年)

軽自動車規格の改正に伴いフルモデルチェンジされた。 同時にマツダ向けにOEM供給を開始、オートザム店にAZオフロードが新設定される。

引用:スズキ・ジムニー – Wikipedia

初期モデルのJB23-1型からJB23-3型の中古車相場は約40万円ほどと台数・予算含め手に入れやすい価格になっています。

また、カスタムパーツも豊富にあるため、現行モデルをカスタムとして乗りたい方におすすめです。

 

JB23-4型(2002年〜2004年)

引用:Wikipedia

フロントグリルのデザインが変更され、全世代モデルまでと比較して大きくデザインが変わったJB23-4型ジムニーまではカスタム車として乗りやすい価格帯になっています。

相場はおおよそ「50万円〜70万円」の間です。

ただ、この4型までは、10万キロ以上の走行距離を走っている中古車だと、購入後に不具合が発生する場合があります。

中古車として購入する際には、保証サービスが受けられる販売店で購入したいところです。

 

JB23-5型(2004年)

引用:Wikipedia

2004年5月にマイナーチェンジし、ギア比の差が大きくなるとともに、トランスミッションなどの大きな変更が見られたのがJB23-5型のジムニーです。

中古車市場では特に人気のあるモデルになっていますが、おおよそ「40万〜80万円」の間で購入することができます。

 

JB23-6型(2005年)

2005年10月のマイナーチェンジでは、ドアミラー、マニュアルヘッドライトレベライザー等の装備がつけられました。中古車市場では約70万円を平均としています。

 

JB23-7型(2008年)

2008年6月マイナーチェンジでは、シリンダーヘッドの改良が施されるとともに、2H – 4L直接シフト、空有超調整ダイヤル変更、エンジン補機の変更などの改良が施されています。

環境性能にもテコ入れがされているため、エンジンに細かな調整がされており、6型とデザインこそにているものの、カスタムに制限がかかるしようになりました。

中古車相場では約80万円〜約110万円ほどの価格で購入することができます。

 

JB23-8型(2010年)・JB23-9型(2012年)・JB23-10(2014年)

引用:Wikipedia

比較的新しいモデルである8型、9型、10型に関しては、中古車相場の観点からお買い得とはあまりいえません。中古車価格も、120万円以上のものが多く、台数はありますが、新車で購入するほうが良いかもしれません。

ただし、状態・質の良さを大前提として長く乗り続ける予定なら、8型モデル以降を検討するのもひとつの選択肢ですね。

 

JB33型 ジムニーワイド

引用:Wikipedia

JB23と同じフレームを利用していますが、エンジン耐久性の高さと価格の安さから人気のあるジムニーです。JBより先行して発売されているモデルです。

カスタムベースジムニーとして購入するなら、探して見る価値があります。中古車価格は約40万円ほどです。

 

JB43型 ジムニーシエラ

引用:Wikipedia

JB33 ジムニーワイドの後継車として2000年に発売されたのがJB43のジムニーシエラです。ボディカラーが特徴的なので、街中でよく見かけ印象に残っている方も多いです。

カスタム車として存分に活躍できる性能を持っていますし、高速走行も安定感があります。ジムニーシエラよりも年式が新しいため、よりカスタム車として質の高いジムニーを狙うなら、シエラも検討しましょう。

中古車相場は、70万円〜130万円の間になります。

 

中古JB23型ジムニーの選び方|後期型(JB23-5)かつ10万キロ以上の中古車ジムニーを優先して探すべき

スズキジムニーのJB23-5型は、2004年10月におこなわれたジムニーのマイナーチェンジモデルです。

これ以降のモデルでは、中古車市場でも比較的安く「〜40万円」ほどで購入できるものもあります。

ジムニーはほかの軽自動車と比較しても、リセールバリュー(再販する際の価値)が下がりにくいのが特徴です。

通常、5万キロ、10万キロと価格が下がりますが、ジムニーは大きな故障の心配なく10年以上乗れる車です。

ただ、それ以上古いと大きな故障の原因になるケースも多いです。

最終的に得をする買い物としては、現行モデル後期型の2004年以降のモデル、JB23-5になります。

ただし、初期型は更に価格が安く、20万円以下で購入できるケースもあります。

カスタムメインで乗るけど、予算は抑えたいという方は、1998年〜2004年以前の現行モデルを購入しましょう。

JB23-7型は「新保安基準」でカスタム制限がかかります。カスタムしたいなら、JB23-1型から、JB23-6型までのジムニーを購入しましょう。

 

現行モデルジムニー注意ポイントまとめ

  • 10万キロ以上のジムニーでも状態が良い車が多い
  • 2004年以降のモデルが最も故障リスクが少ない
  • 中古車市場で40万円ほどで購入できることも多い
  • ただしカスタムをしたいなら初期型(JB23-1〜JB23-6)を購入するべき

 

現行モデル(JB23・3代目ジムニー)の中古車チェックポイント

JB23型のジムニーを普段使いの車として選ぶ際には、JB23-5型以降かつ10万キロ以上の走行距離を走っているジムニーを探すことをおすすめします。

ただ、極端に価格が安いジムニーの場合、その走行性や頑丈さに甘んじて、メンテ不足に陥っているものも少なくありません。

そのため、保証内容がしっかりしている販売店で購入することが大切。

また、保証内容だけではなく実車確認を通してチェックするべきポイントがあるので、ぜひメモをしておいて実車をチェックする時間を取ってみてください。

  1. タイヤ周辺のチェック:タイヤ溝のスリップサインのすり減り、タイヤの傷とひび割れ
  2. シフトチェンジの状態:駆動切り替え作動は安定しているか?
  3. ステアリングの状態;ハンドルを切らず走行しまっすぐ進むか?
  4. エンジン周辺:オイル漏れ・にじみ、エンジン異音、排気煙の色・冷却水の状態
  5. 外装の状態:ルーフのへこみ
  6. 内装の状態:シートのヘタり、荷室ジャッキ収納部のサビ・汚れ

状態が良く価格が抑えめのジムニーは数が少なくなってきています。中古車を探すのであれば、「非公開車両検索(下記ボタン)」をおすすめします。

 

旧型モデル(JA11,JA12など)スズキジムニーの中古車の選び方と注意点

旧型モデル(JA11,JA12など)スズキジムニーの中古車の選び方と注意点

現行型ジムニーに対して旧型モデルであるJA11も人気があります。

ファンやカスタム好きのオーナーが大切に扱っていたうえで中古車市場に出回っている車両が多いため、質が高くまだまだ乗れるジムニーも数多く出回っています。

モデルにこだわりがないならJB型を購入するべきですが、「昔のモデルのほうが好き!」「なんとか旧型に乗りたい!」という方も多いと思います。

そこで次からは、JA11型を含むジムニーの旧型モデルを一気にご紹介していきます。そのうえで、旧型ジムニーの選び方をしっかり見ていきましょう。

 

JA11以外の各モデルと中古車相場のまとめ

ここでは、JA11以外の各有名モデルをご紹介していきます。

ここに掲載されていないジムニーもありますが、基本的にはこれ以下の高年式モデルになると、故障が多くおすすめしません。

もちろん、修理・故障などをしたうえでカスタムできる方であれば、存分に使いこなせる車種もあるので、中古車検索で探してみましょう。

 

JB31型 ジムニーシエラ(1993年〜1995年)

引用:Wikipedia

JB43型でもジムニーシエラという名を冠したジムニーはありましたが、一般的にはコチラのJB31型のほうが、ジムニーシエラとしては有名です。

フォグランプのゴツさが目立ち、エンジン性能にも迫力がある名車です。

中古車相場は約30万円ほどになっています。

 

JA12型・JA22型(1995年〜1998年)

引用:Wikipedia

性能はジムニー好きの間で意見が別れるモデルになっているJA12・JA22型ですが、ジムニー史上初のサスペンション形式を採用するとともに、オフロード走行性が向上しているモデルです。

中古車史上では、50万円ほどで購入することができます。

 

中古JA11型ジムニーの選び方|購入するならエンジン・サスペンションの状態が良い車を選ぶこと

高年式車・過走行車ばかりが出回っているのにも関わらず、JA11を含む旧型モデルはまだまだ価格が高い状態です。

もちろん、外装・内装の経年劣化は避けられませんが、カスタム前提であれば問題ありません。

また、見た目よりもエンジンやサスペンションといった見えない部分がどれだけ良い状態なのか、チェックしたうえで購入することが大切です。

可能であれば、オーバーホールされておりエンジンやサスペンションの劣化が抑えられている状態で、経年劣化による外装・内装をできる限りカバーしてあるキレイなJA11を狙うべきです。

状態が良い分、お値段が張るかもしれません。しかし、カスタム前提で乗るなら、余計な出費をかけずにカスタムパーツに予算を使いたいはず。

妥協せずに旧型を探すことが大切です。

 

旧型モデルジムニー注意ポイントまとめ

  • エンジンやサスペンションがオーバーホールされているものを選ぶ
  • 外装・内装が清掃されており傷やよごれ、経年劣化が目立たないものを選ぶ
  • 前までのオーナーの人数や使い方が分かる車両を選ぶ

 

旧型モデルジムニーの中古車チェックポイント

旧型モデルのジムニーを買う場合には、現行型とは異なり走行距離によって大きく価格が変わることはありません。

なぜなら、ほとんどの旧型がある程度の走行距離を走っているからです。

そのため、たとえ車に詳しくなくても実車確認をおこない、納得できる状態の車を購入することが大切になってきます。

販売店に実車確認を依頼する際には、下記のチェックポイントをメモしておき、実際にひとつひとつ、販売店のスタッフと確認することをおすすめします。

  1. 販売店からの保証をチェック:修理はどこまで無償なのか?
  2. 乗り始めまでにかかる費用をチェック:数十万円上乗せでかかるかどうか?
  3. 前のオーナーがどの地域で使っていたかをチェック:雪が多い地域や海側では劣化が早いため、サビや汚れを確認する。(内装のカーペット裏にサビは特に危険)
  4. 外装の経年劣化状態をチェック:納得できる範囲なら妥協する
  5. エンジンチェック:オイル漏れ、冷却水、ハブの固着、消耗品

旧型ジムニーは走行距離が平均的に高いため、きちんとメンテナンスがされている中古車に絞って探すことをおすすめします。

状態が良い中古車を探すのであれば、「非公開車両検索(下記ボタン)」をおすすめします。


ここまで、スズキ ジムニーの旧型・現行型モデルを購入するうえで必要なポイントをまとめてご紹介してきました。

筆者おすすめは、現行型のJB23-5型モデルかつ10万キロ以上を走行した車両のうち、実車チェックで納得できるものを探すことをおすすめします。

次では、旧型・現行型モデルをわせて、ジムニーの中古車を実際に探すための注意点を総まとめしてご紹介しています。

「どうやってジムニーを探すべき?」という方はぜひ参考にしてください。

 

スズキ ジムニーの中古車を失敗せずに安く買うには?|探し方・選び方の注意点を解説

スズキ ジムニーの中古車を失敗せずに安く買うには?|探し方・選び方の注意点を解説

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

 

ここでは、ジムニーの中古車の購入を検討している方向けに、実際に安く状態の良いモデルのジムニーを購入するための様々な注意点を一気にご紹介していきます。

中古車をこれまで買ったことのない人でも、下記の注意点を読めば不安が解消されるはずです。

ジムニー選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

 

1 「〇〇円までなら買う」という条件を明確にする

事前にどのくらいの予算で買いたいのかを明確にしておかなければ、本当に中古車を安く買うことはできません。

「〇〇円までなら買う」と条件を明確にしておくことで、実際に購入するときの値引き交渉も有利におこなうことができます。

そのうえで重要なのは「今、どのくらいでジムニーが売られているのか?」を明確にすること。

今回は、旧型モデル・現行型モデルの平均的な中古車価格をご紹介しましたが、「非公開車両検索」を使えば、無料で店に出向くことなく、目当ての車両を探してもらうことが可能です。

非公開車両検索では、珍しい車種や高年式かつ低走行車を探す際にとても便利です。

ライバルが普通のカタログで探している間に、一足先に非公開情報から中古車を見つけてしまいましょう。

 

2 個人売買・オークション等のジムニーは避ける

「安いジムニーが欲しい」と考えている方の中には、個人売買やオークションを通してジムニーを買おうとしている方も多いかもしれません。

しかし、その方法は結局大きな損をしてしまう可能性が高いです。

なぜなら、修理・故障保証や質の高さを保証してくれる後ろ盾がまったくないからです。

たとえば、エンジン交換しなければ数ヶ月しかもたないようなジムニーをあえて販売するオークション出品者や個人バイヤーもいます。

せっかく30万円ほどで購入したのに、エンジン交換にそれ以上の費用がかかってしまった…という後悔の声も多いです。

個人売買で中古車を購入するのは、よほどの自信がない限りおすすめしません。

 

3 コンプリートカーでもパーツブランドが混ざっているジムニーを避ける

ジムニーはカスタム車として人気です。

そのため、前オーナーのカスタムが残った状態で出品されている中古車も多数あります。

「どんなパーツブランドなのか分からない」「カスタムするつもりはない」という方でも、見た目が良く状態の良いカスタム車であれば、選択肢に入れるべきです。

しかし一方で、カスタムにも質の高低があります。

パーツにはブランドがあり必要な調整や整合性が大切なのですが、テキトウに取ってつけたようなカスタム車が存在することも多いです。

そのため、車検に通るか・通らないかというトラブルに発展する可能性もあります。

パーツブランドがごちゃごちゃしているジムニーを販売する店舗では、その後の保証やサポートにも不安が残るため、購入は控えるべきでしょう。

 

大手業者が運営する中古車販売店を利用したり、保証期間を長く設定できる業者選びが大切になります。

 

4 JB23ジムニーは「カスタム規制」「仕様変更」に注意!

JB23型ジムニーの中でも年式により「JB23-1型〜JB23-10型」それぞれで細かく仕様が分かれています。

カスタム規制の対象範囲はJB23がマイナーチェンジしたり、仕様変更したりするたびに変化しているため、購入時にチェックしておくことが大切です。

代表的なカスタム規制・仕様変更例を解説しておきます。こちらの規制内容を覚えておけば、JB23型をカスタム車として買うかどうか、決めることができるでしょう。

 

リフトアップ規制

2007年1月1日以降に製造されたジムニー(JB23-6型)では、直前直左確認鏡の技術基準」に適合している必要があります。

リフトアップを規制範囲内でおこなう際には、車高を車検証に書かれている高さから4cm以内を基準としましょう。4cm以内であれば、車検に通ります。

 

JB23-4型〜JB23-7型モデルのタイヤサイズ変更

JB23-4型からJB23-7型の途中までのモデルは、大径タイヤを装着することができません。

装着するためには、フレームカットをおこなう必要があるため、カスタムに手間がかかります。

JB23に大径タイヤをつけるデメリットとしては、やはりタイヤが重くなる分出だしの動きが悪くなることですが、それ以外に大きなデメリットはありません。

気になる場合はギヤ比を変えてみるのもひとつの方法です。

 

JB23-7型以降のマフラー規制

JB23-7型の途中以降のジムニーでは、マフラー騒音規制に寄って認証されているマフラー以外のものが車検に通らなくなります。

2010年4月1日以降のJB23ジムニーを購入する場合には、マフラーカスタムにも影響があるので注意が必要です。

 

仕様変更による使えるパーツの違い

JB23型であれば、どんな社外パーツも流用できるわけではありません。

同じJB23型でも、様々な仕様の違いからそのまま使えないものがいくつかあります。

  • JB23-6型までとJB23-7型以降のCPUパーツの仕様が異なる
  • JB23−8型のボンネットとJB23−9型以降のボンネットの仕様が異なる
  • JB23−4型以降は社外グリルが使える

また、そのほかにもJB23-4型以前とJB23-5型以降で、2WD/4WD切替方法がレバー式からスイッチ式に変わったことも、仕様変更のひとつです。

 

5 走行距離が多い車両を狙う(10万キロ越え〜12万キロ以内が限界範囲)

現行型ジムニーでは走行距離が10万キロ以上のものが最もおすすめであると言いました。

ジムニーは10万キロ以上でも安定して走行することができる長持ちする車なので、保証内容や整備状況が良ければそれほど心配する必要はありません。

ただ、「ジムニーは頑丈な車だから」という理由だけで、過走行車を選ぶことには注意が必要です。

あくまでも目安ですが、現行型で12万キロを走行しているくらいの車両は、車両の状態や経年劣化具合を入念にチェックしたうえで購入しましょう。

 

6 車体の細かな状態を実車で確認する

車体の細かな状態を見るためにはいくつかのポイントがありますが、中古車購入が初めての方や、ジムニー購入が初めての方の場合、それをすべてチェックすることはほとんど不可能。

しかし、旧型・現行型どちらの場合でも、軽く全体をチェックすることはとても大切です。

信頼できる業者にジムニーを探してもらいつつ、自分でもおおかたチェックできるようにしておきます。

チェックポイントは下記でまとめたので、ぜひこの項目をスクリーンショットで撮影するかメモしておき、実車確認に使ってください。

ジムニー車体のチェックポイント

  1. 車体全体の様子を遠目から確認し左右対象かどうかをチェック
  2. 車体外装の表面を斜め方向から見て、ヘコミや傷をチェック
  3. 点検整備記録簿を確認したあとに修理された経歴がある部分をチェック
  4. エンジンルームの鉄板部を見て、上下左右の修復跡をチェック
  5. オイル漏れや冷却水漏れをチェック
  6. ボンネットの表裏に修理跡がないかチェック
  7. ヘッドライト・フロントグリルの修理・交換跡をチェック
  8. 車体のドア、フェンダー、フロントガラス左右のピラーのズレをチェック
  9. フロントフェンダーのネジ脱着跡をチェック
  10. タイヤの残り溝、偏摩耗(偏っている摩耗の跡)をチェック
  11. ホイールの傷・汚れ、曲がり具合、変形をチェック
  12. 車体下の鉄板部分のサビ・傷・へこみ、修理跡をチェック
  13. エンジンをかけてアイドリング状態が安定しているかチェック
  14. 試乗してシフトチェンジに違和感がないかチェック
  15. 試乗して不自然な異音・揺れがないかチェック
  16. 保安機器類(ウインカー、ホーン、ヘッドライト、ブレーキ、バック、ストップランプ)の作動をチェック
  17. エアコンやカーナビ(ある場合)などの装備をチェック
  18. その他1〜17で気になる部分をスタッフに質問する

ネットから中古車を探す場合は、担当者に上記のポイントを直接質問する、画像を確認させてもらうなどの方法を取ることができます。

 

7 非公開車両から車両を探す

ジムニーはここまで見てきたように、中古車を買ううえでチェックしなければならないポイントがいくつもあります。

そのため、オークションや個人売買などの方法で選ぶと、後から高額な修理費用がかかってしまう可能性が高いです。

通勤や趣味で長く使い続けたいのに、購入後すぐに高額修理になってしまったら、予算を抑えて中古車を買う意味がなくなってしまいます。

ジムニーを購入する際には、保証内容がしっかりしており状態が良い車を探すことが最も大切です。

下記の非公開車両検索を利用すれば「修復歴なし」「最長10年保証」「返品可」で中古車を探すことができるため、注意点を読んだけど自分で選ぶ自信がない方におすすめできます。

ズバット車販売紹介画像

出典:ズバット車販売

ガリバーが運営するズバット車販売を利用すれば、予算と車名を選択するだけで一般には出回っていない中古車を検索できます。

探して車体価格を教えてもらうまでは無料で、電話番号やメールアドレスを入力するだけで車両を検索してくれるため、自分で中古車販売店を周り探す必要はありません。

 

8 愛車の高額査定を狙う

ジムニーは、先ほど解説したとおり、ほかの車種と比べてプレミア価格がつきやすい人気車種です。

そのため、ほかの軽自動車を購入する費用よりも数十万円費用を上乗せして予算を組む必要があります。

しかし、中古車にそんなにお金をかけたくないという方も多いと思います。

予算を確保するためには、今持っている車をできる限り高く下取りしてもらう方法がありますが、ディーラー下取りでは、10万円〜20万円ほど買取価格に差が出てしまいます。

そこでおすすめの方法が、近場の買取業者のうち、最も高額であなたの車を買取ってくれる業者を検索することです。

高価買取店を探せる「Goo買取」

引用:Goo買取

Goo買取は、大手中古車情報サイト「Goo-net」が運営している中古車買取サービスとなっています。

あなたの愛車を下取りよりも圧倒的に高く査定してくれる買取強化店を地域ごとに検索することができます。

査定依頼は電話ではなく、たった1分程度の入力で完了です。

「Goo買取」であれば、「車種名」と「地域」を入力するだけで、売りたいクルマの買取を強化している店舗を探すことができます。

また、見積もり査定は無料でお試しで概算金額を業者ごとに教えてもらうことができるため、「今すぐ売る時間がない」という方にもおすすめできます。

 

ズバット車販売でジムニーの中古車を探すメリット

ズバット車販売でジムニーの中古車を探すメリット

出典:ズバット車販売

 

ズバット車販売で中古車を探そうか考えている方に向けて、ここではズバット車販売の特徴や利用すべき人、評判や口コミを解説しています。

 

ズバット車販売の特徴は?

中古車ディーラーで中古車を探すより時間や手間がかからない

ズバット車販売は、公式ページで探している車名と条件を入力するだけで非公開車両の中から車を見つけることができるサービスです。

本来、ジムニーような状態の良い車両を見つけるのがむずかしい車を探す場合、中古車ディーラーを練り歩き、遠方まで条件に合った車を探さなければいけないですよね。

しかしズバット車販売なら、車探しのプロがあなたの条件に合わせて検索してくれるため、時間と手間を減らすことができます。

車に詳しくない方や、ジムニーの車両状態のチェックに自信がない方は特に、ご自分で何店舗ものディーラーを探すより効率的にジムニーを探すことができるでしょう。

 

中古車ディーラーで購入するより中古車価格が安い

中古車を購入するときに最も気になるのは「車両価格」です。

特にジムニーの場合、年式が古い車両であっても、市場価格が高いという特徴があります。

また、故障の危険性も古い車であればあるほど高くなるため、保証範囲が狭い、トラブルがあったときに対応してくれないなどのリスクがあります。

ジムニーは、初心者の方が買うと損しやすい車です。

ズバット車販売で中古車を探せば、ネット経由で全国の在庫から条件に合った車を検索するため、人件費が低く抑えられているとともに、保証内容も最大で10年保証がつきます。

「ジムニーを安く買いたいけど故障が心配」という方にとって、手間をかけて店舗を探し回るよりも、大手の業者からネット経由で検索したほうが効率的ですし、信頼性があります。

 

珍しい車両の検索ができる

ジムニーのうち、旧型モデルに絞って探したい方は多いと思います。

また、エンジン、ミッションなどの経年劣化が少ない低走行車を探したい方も多いでしょう。

そういった高年式かつ状態の良い車両は、一般の中古車カタログやオークションなどで見つけるのはかなりむずかしいのが現実です。

特に、ジムニーを通勤・通学や趣味で使いたい方のうち、あまり車に詳しくない方にとっては、探すだけでも一苦労です。

ズバット車販売では、登録後に車選びの担当者が条件を聞いてくれるため、在庫や台数が少ない車でも全国の在庫から検索し提案してくれます。

そのため、走行距離や年式に厳しい条件をつけてジムニーを探したい方は、一度登録しておき車を検索してもらうのが良いでしょう。

自分で探すのに比べ、かなり早く目当ての車を見つけることができます。

 

ズバット車販売の利用がおすすめな人

故障しにくい安全な車両を検索したい人

ジムニーのうち、特に旧型モデルや年式が10年以上、走行距離が10万キロ以上などの車両を購入する場合、どうしても故障してしまう危険性を考えておく必要があります。

しかし、ジムニーを通勤に使う方にとっては、故障は仕事に直接支障をきたすわけですから、故障リスクができる限り低い車両を探したいと考えているはず。

ズバット車販売は保証内容が充実していますから、万が一故障が起きても無償修理することが可能です。

「故障したら生活や仕事が困る!」という方は、失敗しない買い物をするためにズバット車販売の利用をおすすめします。

 

車に詳しくないためどんな車を選べばよいのかわからない人

ジムニーの中古車の注意点をざっくりと確認した方の中には「中古車を買うことってこんなに大変なのか」と感じた人も多いはずです。

特にジムニーは、気軽に買えそうで変えない車です。初心者の方や車の知識があまりない人にとっては、少しハードルの高い買い物に感じるかもしれません。

ただし、ジムニーを中古車を選ぶのは、別にあなた一人だけでやらなくてもよいのです。

ズバット車販売なら、大手車販売業者のガリバーの担当スタッフがあなたの代わりに車を全国から探してくれます。

詳しくないせいで不良品を掴まされてしまった…ということも実際にあるので、失敗しない買い物のためにもズバット車販売を通して中古車を探すことをおすすめします。

 

車の使い方がはっきりしていて、希望通りの車を見つけたい人

たとえば…

  • 「ジムニーを土日のアウトドアの趣味に使いたい」
  • 「街乗りメインだけどオフロードも走る予定」
  • 「通勤路が険しいのでジムニーに乗りたい」

など、車選びの条件が決まっている方も、ズバット車販売を使うことで効率的に車を探す必要があります。

しかし、店頭に並んでいる中古車を一台ずつ見て、走行距離や価格などを総合的に見たうえで購入を決めたい方は、自らディーラーに行って車を検討したほうが良いでしょう。

ただし、ジムニーはそもそも良質な車両が少なく、モデルや年式も多岐にわたるため、すでに条件が決まっている人が店舗を実際に見て回ると、見つけるまでにかなりの時間がかかります。

ズバット車販売は、希望条件を入れるだけで全国規模の在庫から1分入力で探すことができるサービスです。こだわり条件や使い方が決まっている人は、検索だけでも利用する価値があります。

 

ズバット車販売の口コミ・評判は?

全国から中古車を探してくれるため希望の車が見つかりやすい

先程も解説した通り、ズバット車販売はウェブページから必要事項を入力するだけで希望条件の中古車を全国から検索することができます。

近くのディーラーやカタログで希望通りの中古車が見つからない方が、ズバット車販売を通して車を効率的に探すことができたなどの事例も多いです。

「全然ジムニーが見つからないから買うのを諦める」といった結果にならないよう、検索だけでもぜひしておくことをおすすめします。

もちろん、利用は無料です。

 

「最長10年保証」が付いているため万が一のトラブルも安心できる

ズバット車販売を通して中古車を探し、納車契約を結ぶと有償保証をつけることができます。

具体的には、「最長10年保証」をつけることが可能です。

ジムニーの中古車購入で後悔する事例の中には、下記のような失敗がとても多いため、保証は必ずつけておくことをおすすめします。

  • エンジンの不調やミッション交換など高額修理を実費で負担することになった。
  • 最初は問題なく乗れたが、買って数ヶ月で異常が頻発するようになった。
  • 相場より数十万安く変えたが、結局維持費・メンテナンス費用で割高になった。

故障事例がほとんどない車種ならいざしらず、ジムニーを購入する方は保証を無視して通ることはできないでしょう。

買った直後に高額修理になっても対処できるようにしておきましょう。

また、購入後「返品OK」なのもズバット車販売の特徴です。

国産車は100日以内、輸入車は30日以内の期間にのみ、返品サービス使用料を支払うことで返品することができます。

 

中古車販売大手のGulliver(ガリバー)が運営している

中古車購入で心配なのが、保証内容が不利な条件になっていたり、修理保証の範囲に当てはまるかどうかでトラブルになるなどの店舗との問題です。

また、「修復歴を隠している」「検査がまともに行われていない」など、初心者の方の目を欺く販売方法を取っている悪徳業者に悪い状態の車を掴まされてしまう可能性があります。

ズバット車販売は、大手中古車販売業者「ガリバー」が運営するサービスなので、粗悪な車両を紹介されてしまう心配がありません。

「大手だと価格が高いのでは…?」と考えてしまうかもしれませんが、極力コストを減らして納車までの手続きを進めてくれるため、最低限のコストで価格に見合った中古車を見つけることができます。

 

担当者がついて希望をヒアリングしてくれる

ズバット車販売は条件などを入力したあとに、電話確認があります。その後、車探しの担当スタッフがつき、細かく欲しい車の条件を聞いてくれます。

価格帯や予算、走行距離、型式や年式などをヒアリングしてくれるため、車選びに自信がない方も安心して利用できます。

見つけてもらう事自体は無料なので、価格相場がよくわからない方も検索を試してみるべきでしょう。

 

ズバット車販売の登録後の流れ

  1. 欲しい車の情報を入力(1分程度で完了)
  2. ガリバーから電話が来るので、詳しく欲しい車や予算を伝える
  3. 担当者から希望にあった中古車を紹介してもらう
  4. 納得したら契約し、近隣のガリバーへ受け取りに行く

 

愛車をGoo買取で査定に出すメリット

高価買取店を探せる「Goo買取」

出典:Goo買取

車を購入する前に、買取査定で今の車を高く売ることを検討している方は、ディーラーの下取りではなく「買取査定」がおすすめです。

買取査定とディーラーの下取りでは、買取金額に数十万円の差が出てくることもあります。

しかし、これまで買取をしたことがない人には不安なことが多いと思います。

ここでは、Goo買取の特徴やおすすめできる人、口コミ・評判について解説していきます。

Goo買取の特徴は?

近所の買取業者にネットから査定を申し込むことができる

Goo買取は近所の買取業者をネットから検索し、最初の電話なしで査定依頼を済ませることができます。

ネット査定といえば、「一括査定サイト」が有名ですが、Goo買取は一括査定サイトとは異なり、買取査定を依頼するのは”一回につき一度だけ”になります。

Goo買取 一括査定サイト
買取にかかる時間 業者ごとに調整 複数業者と同時に調整
買取の連絡頻度 業者ごとに電話・メール 複数業者から電話・メール
買取業者数 地域ごとに異なる 大手買取業者8社〜10社ほど

たとえば、N-BOXを売りたい方が、Goo買取を使って地域名と車名を検索すると「N-BOX買取強化中」と表示される地域の買取業者が大手から中小まで何社も表示されます。

一括査定サイトは大手業者から複数見積りをとってもらうために楽ですが、大手業者からしか見積もりを取ることができないデメリットがあります。

>>一括査定サイト「安心車.jp」はこちら

車を売るのはできる限り近場のほうが良く、遠方の業者に売るとなるとコストがかかります。

Goo買取であれば、地域ごとに車種ごとの買取強化業者を検索することができるため、高価買取を手間なく目指すことができます。

次の車を買うための予算アップには、最も手っ取り早い方法です。

 

大手だけではなく小規模の買取強化店を検索可能

先ほどの表を参考にしていただくとわかりますが、Goo買取は大手だけではなく中小規模の買取業者を検索することができます。

買取価格の高さは、店舗や買取業者の規模に比例するわけではありません。中小規模の買取業者でも、得意とするメーカーや車種、販売ルートが異なるためです。

小規模の買取強化店を見つける方法は、これまで自分で足を運び、買取査定を受けるしか方法がありませんでしたが、Goo買取を利用することで簡単に中小規模の業者に依頼することができるようになりました。

次の車の購入費用のために高価買取を目指すなら、あなたの車を高く査定してくれる業者をひとつずつ探したほうが良いでしょう。

 

申し込み時間は1分程度|地域と車種で検索できる

申し込み時間は最短で1分程度と、検索方法も簡単です。

地域名とメーカー・車種名を入力すれば、地域ごとにあなたの車を買取強化している店舗が表示され、そのまま無料査定依頼をおこなうことができます。

1 最初に「都道府県」「メーカー」「車種名」で検索

出典:https://auction.goo-net.com/

最初のページで都道府県・メーカー・車種名を入力し「買取強化店を探す」ボタンをタップ。

 

2 店舗が表示されたら業者を選択

出典:https://auction.goo-net.com/

地域ごとに店舗が検索表示されるので、そのまま業者を探すか、さらに条件を絞り込んで検索します。

 

3 買取業者を選択したら必要事項を入力して査定依頼(無料)

出典:https://auction.goo-net.com/

店舗ごとのページに進むと、上記画像のような条件入力欄が出てきます。必要事項を入力したら、「無料査定依頼」のボタンをタップして依頼完了です。

査定にはお金が発生することはありませんので、安心して利用できます。

 

電話・メールなどの連絡は最低限で済む

一括査定サイトを利用すると、複数の大手業者から査定買取の日程調整連絡や営業の電話などが何度も鳴り、うんざりしてしまう…という声が多いことをご存じでしょうか。

一括査定サイトは、大手業者から同時に見積もりを取れるという大きなメリットがありますが、できる限り手間を掛けず高く売りたい方には向いていない場合があります。

Goo買取は、査定申し込みをした業者からの最低限の日程調整や概算見積額の金額の連絡以外来ることはありません。

ですので、勤務時間中にかかってくるのが鬱陶しいと感じる方にも利用するメリットがあります。

 

Goo買取の利用がおすすめな人

一括査定サイトの営業電話がかかってくるのが嫌な人

何度か解説している通り、一括査定サイトは営業電話が複数業者から同時にかかってくるため、時間的に余裕がある人以外は対応するのが面倒に感じることが多いです。

Goo買取を利用すれば、あらかじめ絞り込んだ業者に一社ずつ申し込むことができます。連絡頻度などで手間がかかることはありません。

高く売りたいけど手間を掛けたくない、効率的に買取査定へ出したい方におすすめです。

大手業者に複数同時に連絡して査定を進めたい方は、下記の一括査定サイトを利用しましょう。

>>一括査定サイト「安心車.jp」はこちら

 

とにかく業者と面倒なやり取りをせずに買取を進めたい人

車買取は、実際に査定士に車を見てもらうための日程調整が必要になります。そのため、最低限の手間はどうしてもかかってしまいます。

しかし、平日は忙しく基本的に休むことができない会社員の方や、折角の休日をムダにしたくない方は、Goo買取を利用することで高価買取を目指すことができます。

最低限の手間とやり取りであれば、ディーラーへの下取りとほとんどかかる時間が変わりません。

 

納得のいく価格で高く車を売りたい人

一括査定サイトや近場の買取業者に買取査定を依頼し、納得のできる金額で車を売ることができていない方にも、Goo買取はおすすめです。

また、それほど買取額にはこだわらないけど、できることなら高く売りたい…と考えている方も、Goo買取を利用することで簡単に業者を探すことができます。

 

今すぐ売る予定はないが買取価格相場を知っておきたい人

Goo買取は「今すぐ売る予定がない人」にもおすすめできます。

Goo買取で一度査定依頼を申し込むと、登録したメールアドレスに買取相場情報を通知してくれるシステムになっています。

買取相場は、時期やタイミング、車種ごとのマイナーチェンジやモデルチェンジで大幅に買取額が変化するため、時期を見込んで売りたい方は、そういった情報を見逃さないようにすることが大切。

査定だけしてみたいという方や買取価格相場だけを知りたい方も、一度フォームから買取業者を検索してみることで、新たな発見があるかもしれません。

 

Goo買取の口コミ・評判は?

一括査定サイトのように営業電話が立て続けにかかってこない

すでに解説した通り、Goo買取は一括査定サイトのように頻繁に連絡が来るわけではないため、連絡の手間がかからず買取査定が楽に進められるという評判が多いです。

実際に、Gooから直接営業電話がかかってくるなどの口コミは見当たらないため、基本的に査定依頼を受けた加盟店からの連絡で済みます。

 

隠れた名店や高価買取業者を近場から見つけられる

中小規模の買取業者や車種ごとに買取強化している店舗を検索結果で表示してくれるため、特に不安なく高価買取が成立したケースも多いようです。

もちろん、公式ページの口コミを見る限り、「もう少し高く買い取りしてほしかった」という声などもありますが、1社目の査定額に納得できない場合は他の業者にも依頼するなど、臨機応変にできることも魅力ですね。

 

運営元が大手なので万が一のトラブル時に連絡できる

運営元は、大手車情報誌を発行している「Goo」です。

運営元が大手であり、検索結果に出てくる業者もすべて加盟店舗になっているため、万が一業者とあなたの間にトラブルが発生した場合でも、Gooが対応してくれます。

個人売買やオークション、個別査定では自分でトラブルに対処するしかありませんが、Goo買取ではそういった心配もありません。

 

査定申込みまでの流れ

  1. 「都道府県」「愛車のメーカー」「愛車の車種名」を選択し検索ボタンを押す
  2. 検索結果で出てくる業者から、査定を依頼したい業者を選ぶ
  3. 無料査定依頼に必要な情報を入力し査定完了
  4. 電話 or メールで査定してほしい業者から連絡が来る

査定依頼後の流れ

  1. 査定業者のスタッフに「概算の買取額」を確認する。
  2. 業者と査定の日程を決め、自宅へ来てもらう。(査定時間は15分程度)
  3. 査定額を聴き、査定額に納得したら契約成立!(納得できない場合はキャンセルできる)
  4. 業者スタッフが引き取りに来るので、買取の書類を記入
  5. 後日、買取書類に記載した銀行口座へ買取額が入金される。

 

ジムニー以外のSUV・軽自動車を探したい方向け!中古車ランキングTOP30

ジムニー以外のSUV・軽自動車を探したいと考えている方は、今現在人気の中古車ランキングをぜひ参考にしてください。

「SUV」「軽自動車」それぞれの人気車種を「ランキングTOP30」としてご紹介しています。

おすすめ記事:【中古車を安く買う】おすすめ人気中古SUVランキングTOP30

【中古車を安く買う】おすすめ人気中古SUVランキングTOP30

2017.06.04

おすすめ記事:【中古車を安く買う】軽自動車オススメ人気ランキングTOP30

【中古車を安く買う】軽自動車オススメ人気ランキングTOP30

2017.05.09

 

今の愛車を高く売りたいなら「買取のコツ」をおさえよう

記事中でもご紹介した通り、車の買い替えでは、愛車を高く売り少しでも予算の足しにすることが大切です。

ディーラーの下取りは便利ですが、本来高く売れたはずの車を安く手放してしまうことに繋がってしまいます。

あなたの愛車を適正な価格で高く売りたいなら、下記記事をぜひ参考にしてください。

 

おすすめ記事:【相場や時期は?】「SUV」買取・査定で高く売る5つのコツ

【相場や時期は?】「SUV」買取・査定で高く売る5つのコツ

2017.06.01

 

おすすめ記事:【相場や時期は?】「軽自動車」買取・査定で高く売る5つのコツ

【相場や時期は?】「軽自動車」買取・査定で高く売る5つのコツ

2017.05.28

 

まとめ|買って後悔しないジムニーを選ぼう!

まとめ|買って後悔しないジムニーを選ぼう!

引用:http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/

今回は、スズキ ジムニーを安く買うための注意点や、非公開車両の検索サービス、今の愛車の高額買取のためのサービスをご紹介しました。

手間をかけずに、できるだけ安く中古車を購入するためには、活用できるサービスをフルに活用し、相場感をおさえたうえで購入へと進むことが大切です。

ぜひ今回の記事を参考にしてくださいね。

下記記事では、ここでご紹介しているよりもさらに詳しく中古車を買う方法や注意点を解説しています。中古車を購入することに少しでも不安を感じている方はチェック必須です!

おすすめ記事:中古車を買うときの方法・注意点まとめ!失敗しないクルマ選びを解説

中古車を買うときの方法・注意点まとめ!失敗しないクルマ選びを解説

2017.12.28
スポンサードリンク