車の下取り査定とは?高く愛車を売るためには買取査定が良い理由

車の下取り査定とは?高く愛車を売るためには買取査定が良い理由
スポンサードリンク

今の車を売り、新しく中古車や新車を買い替えたいと考えているあなた。今考えていることは、「できるだけ高く今の車を売りたい!」ということですよね。

しかし、車を売ること自体が初めての人も多いはず。今の中古車を買った中古車ディーラーに相談して売っても良いが、「口約束で下取り契約を結んでしまいそう…」と不安な人も多いのではないでしょうか。

車を売る方法には「下取り」「買取」の2つの方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

どちらを選ぶかはあなたの自由ですが、きちんとメリット・デメリットや違いについて知らないと、自分のイメージとは違う査定額・相場で売ることになってしまうかもしれません。

そこで今回は、「車を売りたい!」と考えているオーナー向けに、車の下取り査定の特徴や注意点、そして高く売るための買取の方法について、解説していきます。

この記事を読むことで、愛車を高く売り買い替え予算を増やす方法を知ることができます。ぜひ最後まで参考にしてください。

スタッフくん

お客様、今のお車は「下取り」に出そうとしていらっしゃいますか?

お父さん

うん、お世話になっているディーラーさんにお願いしようと思ってるけど…

スタッフくん

ディーラーさんに売ることにもメリットがちゃんとあります!

しかし、車を売る方法はそれだけではありませんよ!

お父さん

そうなのか…!

じゃあ、できるだけ高く売れる方法を教えてよ!

下取り・買取査定相場を知りたいだけなんだけど…という人は?

下取り・買取査定相場を知りたいだけなんだけど...という人は?
スタッフくん

「まだ売るつもりはないけど、買取相場だけ知りたい!」

そんなお客様は、まず下記でご紹介しているサイトで愛車の買取相場を見てみましょう!

 

1 下取り参考価格情報 – TOYOTA

トヨタ参考価格情報

出典:http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

下取り参考価格情報 – TOYOTAの特徴・ポイント

  1. ディーラーの下取り参考価格相場表を調べることができる公式サイト
  2. トヨタ車だけでなく他メーカーの車種も調べることができる
  3. 個人情報なしで利用可能
  4. 登録データは少なめ

ディーラー下取り参考価格が利用できるトヨタ公式Webサイト。

データから分かる下取り価格はかなり低くなっており、「最低限でもこのくらいで売れる」くらいのレベルですが、今の愛車が相場でどの程度なのかを知るために活用できるサイトです。

 

2 下取り参考価格シミュレーション – 日産

下取り参考価格シミュレーション

出典:http://tradein.nissan.co.jp/

下取り参考価格シミュレーション – 日産の特徴・ポイント

  1. トヨタ公式と同様、下取り参考価格をシミュレーションしてくれる日産公式シミュレータ
  2. 年式が比較的新しく、国産車のみのデータを取り扱っている
  3. 下取り相場価格は低めに設定されている

トヨタ公式の参考価格情報と同様に、日産車以外のメーカー車(国産)の下取り参考価格を調べることができます。トヨタWebサイトで検索結果が出なかったときなどに活用してみましょう。個人情報の入力は必要ありません。

 

3 買取相場検索 – Goo買取 ※個人情報が必要です!

Goo買取相場検索

出典:https://auction.goo-net.com/

買取相場検索 – Goo買取の特徴・ポイント

  1. 特定の車種・年式・グレードごとに買取相場が分かる
  2. 近隣の買取強化店にオンライン査定依頼ができる
  3. 店舗への査定依頼のため、個人情報が必要。
  4. 気軽にはできないが、他のサイトよりも詳しい相場を知れる

「Goo買取」は、あなたの住所の近くから、あなたの車を高く買い取れる販路を持つ買取業者を探してくれる買取査定サービスです。

上2つの参考価格サイトとは異なり、実際にオンライン上で査定依頼を送る必要がありますが、より生の概算価格を知ることができます。また、概算査定額が良ければ手間をかけずに高く売ることもできます。

「本気で売りたい!」と考えている人は、コチラを利用するのがおすすめです。

ただし、査定依頼をしても買取を強制されるわけではなく、あくまで「無料査定」なので安心してくださいね。


本気で売るかどうかまだ悩んでいる人や、「とにかく相場が知りたい」という人は、上記の3つのサービスを使ってみて、下取り・買取相場を知っておくのも良いでしょう。

一般に、下取り参考価格よりも、買取業者の買取相場のほうが、数万〜数十万高いです。

 

車の下取りとは?|下取りの特徴・買取との違い

車の下取りとは?|下取りの特徴・買取との違い
スタッフくん

お客様は下取りをご検討されているようですが、「下取り」「買取」の違いをご存じでしょうか?

お父さん

いや、そういえばあやふやなままだったな…

車を売る方法には、大きく分けて2つの方法・やり方があります。それが、「下取り」と「買取」です。まずは、それぞれの売り方の意味や特徴を見ていきましょう。

 

車の「下取り」「買取」の意味とは?

車の売り方である「下取り」「買取」それぞれの意味や特徴は下記の通りです。

車の下取りの意味

ディーラーで新車を買うときに同時に行われるのが「下取り」です。新車への乗り換えを前提にしているため、スムーズに次の車の予算を下取り価格で補うことができます。

一方で、ディーラーは車ごとの中古車相場やニーズを深く理解していない場合が多く、参考価格・実際の査定額ともに低い額になることがほとんどです。

車の買取の意味

中古車の買取を専門として行う業者に車を売ることを車の「買取」と云います。

たとえば、都市圏なのか、山間部なのかで車のニーズは大きく異なりますが、中古車販売店はそれらのニーズをもとに買取し再販売をおこなうため、「高く買ってもっと高く売る」ことが得意です。

しかしその分、季節や買取時期によって査定額が大幅に変化することがあります。

ただし、買取店は深く厚いサポートをしてくれるところが多いため、売る時期やタイミングにも相談にのってくれるでしょう。

 

車の「下取り」「買取」のメリット・デメリット比較

車の下取りと買取のそれぞれについて、詳しくメリット・デメリットを比較していきましょう。

下取りのメリット


  • 新車購入時の値引きの代わりに下取り額を補填してくれる
  • 買い替えがスムーズに進むため、手間がかからない
  • 自分で買取業者を選ぶ必要がなくなるため、できるだけ早く車を売りたい人に便利

 

下取りのデメリット


  • 他の買取店の査定額を参考にしてくれることはない
  • 同じ店で車を買わないのであれば安く手放すことになってしまう
  • 人気車種や装備などといったオプションや価値を査定で評価してくれないことが多い

買取のメリット


  • 買取価格が一番高い業者を選んで売ることができる
  • 業者によって得意な分野・ブランドが異なるため、愛車を高く評価してくれる
  • 人気装備・カラーなどをもとに適正な価格で査定してくれる

 

買取のデメリット


  • 相場変動に影響を大きく受けるため、売る時期・タイミングが重要になる
  • 一括査定などのサービスを使うと買取までに時間がかかる
  • 自分で売る買取業者を探す必要があるため、効率的に業者を探す必要がある。

その他にも、下取り・買取のメリット・デメリットはあります。しかし、ここで一番重要なのは、「高く売れるかどうか?」ということですよね。

買取には下取りよりも手間がかかる場合が多いですが、買取業者の探し方や選び方はコツをつかめばスムーズに進めることができます。よって、下取りだけを検討することはもったいないと言えるでしょう。

では次に、「下取り価格や買取価格はいったいどうやって決まっているのか?」について、学んでいきましょう。

下取り・買取査定額・相場はどうやって決まっているの?|相場知識

下取り・買取相場はどうやって決まっているの?|相場知識
スタッフくん

下取りと買取の違いを理解していただけたら、次は「車を売る時の査定額」についてです。

業者がどうやって査定額や相場を決めているのかを知れば、愛車を高く売るためにどんなことをすれば良いのかも自然とわかりますよ!

お父さん

なるほど。

確かに、目の前の査定額ばっかり気にしていたから、「どうやって値段や相場が決まるのか?」は考えたことがなかったなぁ。

車を売るときの査定額や相場には、ある基準があります。

売り手側である私たちがその基準を知ることに意味はあまりないように感じますが、「なぜこの査定額なのか?」が分かるだけでも、冷静に買取を進めることができるメリットがあるのです。

ここでは、下取り・買取の査定額がどのような基準で決まっているのかを見ていきましょう。

 

1 ディーラーの下取り価格の基準

ディーラーへの下取りを検討している人が気になる「下取り価格の基準」とは、どのように決まっているのでしょうか?

結論からいいますと、ディーラーが独自に決めているのではなく、ディーラーが加盟している「社団法人日本自動車査定協会(JAAI)」によって、基準が定められているのです。その基準とは…

基本価格 + 加点(装備パーツ・車検の残り、カラー) - 原点(傷・凹み、内外装、修理歴)

JAAI_査定価格の算定方法

引用:http://www.jaai.or.jp/

引用元:社団法人日本自動車査定協会(JAAI)

図中中央左に記載されている「基本価格」で、主に各メーカーごとの地域担当者が決定します。

下取りをおこなうディーラーは「自分のメーカーの新車を売る」ことで売上を上げていきます。つまり、買取業者とは異なり「車を売られてもあまりお金にならない」のです。

つまり、大まかな価格はすでに協会によりある程度決定されていて、大きく査定額がつり上がることはないのが現状になります。

しかし、下取りが決して悪いわけではありません。ディーラーで車を買い換えるならその予算を下取りした車 価格で上乗せしてくれますし、「売る→買う」の流れを同時に進められるため手間がかかりません。

 

2 買取業者の買取価格・相場の基準

では、ディーラーへの下取りではなく「買取業者の査定額・相場の基準」を見ていきます。

買取業者は、下取りとは異なり明確な基準がありませんが、買取店それぞれが専門分野の知識を活かし、買取査定を正当に行ってくれる場合が多いです。

買取業者が査定額の基準にするポイントは下記の3つです。

  1. 地域ごとの特定車種のニーズや売れ行き
  2. 時期・タイミングごとの特定車両・品種のニーズ
  3. 買取業者の販売ルートの多さ

このように、買取業者は中古車を買って高く売る専門家。中古車それぞれの価値やパーツごとの価格の違い、年式やグレードなどの知識も豊富です。


ここまで、下取りと買取の査定額相場の決め方や基準を見てきました。

下取りをおこなうディーラーと、買取業者では、そもそもの「業態」が違います。そのため、「どっちがダメ」という話はありません。

しかし、「高く売る」という目的を一番に考えるのであれば、買取業者への買取が最も良いことは事実といえます。

 

車の下取りに出すときの注意点|どんなことに気をつけるべき?

車の下取りに出すときの注意点|カモられてしまうのはどんな人?
スタッフくん

では、実際に下取りに出すときの注意点について見ていきましょう!

買取か下取りかをまだ決めていないお客様は、まずは下取りの注意点やポイントを知っておくだけでも、安心材料になりますよ!

お父さん

そうだね。

まだ分からないことも多すぎるし、もう少し勉強して行こうかな。φ(..)メモメモ

ここでは、下取りに実際に車を出す前に知りたいことや、必要な知識・注意点についてまとめています。下取りか買取かで悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

 

1 「下取りに向いている人」かどうかを知る

「下取り」「買取」…両方にメリット・デメリットがあることはすでに解説している通りです。

下取りのほうが向いている人は、下記の通りです。

  • 価格よりも、手間が一番かからない方法で売りたい人
  • 買い替えと車を売ることをできるだけ同時にやりたい人
  • すでに下取りをするディーラーを決めている人

つまり、すでに買い替えの車と買う場所が決まっている人や、仕事などが忙しくすぐに買い替えをしたいという人は、ディーラー経由で車を手放したほうが良いでしょう。

ただし、下記でもご説明している通り「事故車・廃車」であっても買取は可能です。できる限り、買取で車を手放すことをおすすめします。

2 下取り前の事故車・廃車であっても買取はできることを知る

上記1でもご説明した通り、事故車・廃車であっても買取をしてくれる買取業者が存在します。

一般に、事故車・廃車は引き取りにお金がかかったり、買取額が付くことをイメージしづらいかもしれませんが、解体業者修理業者経由で買取をおこなえば、あなたの事故車・廃車の車も売ることができるのです。

事故車・廃車買取サービスを利用して、できるだけ高く買い取ってもらえるようにしましょう。

事故車・廃車の買取サービス「カーネクスト」

事故車・廃車の買取サービス「カーネクスト」

引用:カーネクスト

廃車の場合は値段はつかない…とイメージしがちですが、「事故車・廃車専門の買取業者」であれば、廃車費用がかからない+出来る限り高い買取額で売却することができます。

状態によっては、通常の査定買取サービスで買取を行うことができることもあります。しかし、廃車になってしまうような状態のクルマであることがわかった場合は、廃車専門業者に買取をしてもらうべきでしょう。

もし、今の愛車が「廃車」になってしまうことが分かったら…まずは廃車専門の買取サービスを利用してみましょう。

費用は一切かからず、申込み段階で店舗に行く必要もないため、手間もかかりません。

 

3 下取り前の注意点を知る

実際にディーラーに下取りを申し込む前に、オーナー自身でできることがあります。オーナー・持ち主自身で売る前にできることは、下取りでも買取でも変化しませんので、おさえておいて損はありません。

下取り前に注意するべき点は、下記の通りです。

  1. 車の外装内装を洗車する
  2. 傷や凹みを修理する
  3. 純正品パーツに交換する(ある場合に限る)
  4. 下取り前に車検が来ても車検を通さない
  5. 不正改造はNG
  6. 点検整備記録簿などの必要書類をすべて整理し準備する
  7. 買取相場・参考価格を前もって調べておく

下取りの場合は、たとえ純正品以外で価値のあるカスタムであっても、純正品に戻すことをおすすめします。また、細かな傷や凹み、外装内装の洗車は必ず行っておきましょう。

もちろん、傷や凹みは修理費用のほうが高くなる場合があるため、注意が必要です。

数万円以内の修理であれば、板金塗装などで可能ですので修理するべきかを修理業者に相談してみることもひとつの方法です。

修理業者はネット上だけで探すことができます。

整備・修理業者を地域ごとに検索できる「Goo Pit」

整備・修理業者を地域ごとに検索できる「Goo Pit」

業者によっては車検の際にお願いできる新たな「信用できる車屋さん」と出会えることもあります。

また、地域ごとに安い業者をすぐ検索できるため、クルマが故障して生活が大変!といったときに手軽に自宅で依頼することが可能です。

修理業者を探したい方は下記ページより依頼へ進んでみましょう。最初に登録作業などはありませんので、まずは探してみることをおすすめします。

 

4 下取りではなく買取無料査定を先に試す

下取りではなく、買取査定を先に試すことが何よりも重要です。

買取前の無料査定は、買取業者を探しネット上だけで依頼することができます。概算の査定額を知っておくだけでも、下取り時に大きなメリットがあります。

それは、「車をどのくらいで売れるのか?」を自分自身でしっかり知っておけるということ。

「この査定額は損なのか?得なのか?」を理解するためには、「概算査定額」という参考資料が必要ですよね。

「本当に何の手間もかけたくない!」という場合にはそのまま下取りに出すこともOKですが、できる限り買取査定額は知っておきましょう。

買取業者検索は、記事後半でご紹介しています。

 

5 車の買い替え方も同時におさえておく

今の車を売るということは、「次の車を探す」ということでもあります。

下取りに出すと、必然的に車を売るディーラーに新車・中古車を用意してもらうことになります。

しかし、下取りか買取業者への買取かで悩んでいる人の多くは、「次の車の買い方が分からない」という悩みを持っているのではないでしょうか?

車の買い替え方や、安い中古車を買う方法は様々です。そのため、ディーラーで購入する以外にも多くの方法があることをおさえておくことも大切です。

下記記事では、車を買う方法を解説しています。買い替えに関しての疑問を解消したい人は、併せて下記記事も参考にしてください。

おすすめ記事:中古車を買うときの方法・注意点まとめ!失敗しないクルマ選びを解説

おすすめ記事:【Q&A】中古車を買うときのよくあるトラブル事例と対処法まとめ!


ここまで、「車の下取りに出すときの注意点」を解説してきました。下取りをする場合でも、買取業者への買取を行う場合でも、先にやるべきことは「買取査定」をおこなうこと。

時間にまったく余裕がない人を覗くのであれば、下取りかどうかに関係なく、買取専門店で査定をおこなうことをおすすめします。

しかし、買取査定をおこなってくれる専門店は多岐に渡ります。また、店によって特徴も査定ポイントも異なるため、結局そのまま下取りを選んでしまう人が多いのです。

そこで下記では、買取業者を探す一番おすすめの方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

 

下取り前の買取査定でおすすめ!「買取専門店検索」

スタッフくん

下取りをする場合でも、まず最初に買取専門店で買取査定をおこなうことをおすすめします!

…でも、探し方が分からないお客様も多いんです。

ここでは、私がおすすめする買取専門店・買取業者の探し方を解説します!

 

「車を一番高く評価してくれる買取業者を選ぶ方法」のひとつには、下取りを検討する前に使える「中古車一括査定」と呼ばれるサイトがあります。

中古車一括査定サイトでは、様々な買取業者があなたが入力した情報をもとに概算査定額を決め、「業者ごとにあなたに連絡をしてくるシステム」になっています。

そのため、時間と手間がかかると同時に、対応するための知識も最初から求められてしまうデメリットがあります。

そこでおすすめなのが、最初から近隣地域の買取業者を探してくれるサービスです。

買取強化店をカンタンに探せる「Goo買取」

高価買取店を探せる「Goo買取」

引用:Goo買取

「Goo買取」の特徴

Goo買取は、大手中古車情報サイト「Goo-net」が運営している中古車買取サービス。

あなたの愛車を下取りよりも圧倒的に高く査定してくれる買取強化店を地域ごとに検索することができます。査定依頼は電話ではなく、たった1分程度の入力で完了です。

「Goo買取」であれば、「車種名」と「地域」を入力するだけで、売りたいクルマの買取を強化している店舗を探すことができます。

査定は無料です。(後から断ることも可能)また、一括査定のように複数の業者から電話がかかってくることもありません。気軽に査定依頼をしてみましょう。

査定申込みまでの流れ

  1. 「都道府県」「愛車のメーカー」「愛車の車種名」を選択し検索ボタンを押す
  2. 検索結果で出てくる業者から、査定を依頼したい業者を選ぶ
  3. 無料査定依頼に必要な情報を入力し査定完了
  4. 電話 or メールで査定してほしい業者から連絡が来る

 

査定依頼後の流れ

  1. 査定業者のスタッフに「概算の買取額」を確認する。
  2. 業者と査定の日程を決め、自宅へ来てもらう。(査定時間は15分程度)
  3. 査定額を聴き、査定額に納得したら契約成立!(納得できない場合はキャンセルできる)
  4. 業者スタッフが引き取りに来るので、買取の書類を記入
  5. 後日、買取書類に記載した銀行口座へ買取額が入金される。

 

 

車の買取査定方法・注意点・必要書類をもっと知りたい人は?

愛車を高く売るためには、下取りではなく「買取」が一番おすすめ。

でもこの記事の中では、買取のノウハウのすべてをお伝えすることができませんでした。

  • 「買取が良いことは分かったけど、高く売るにはどうすれば良いの?」
  • 「どんなことに注意すれば良いの?」
  • 「下取り・買取に必要な書類にはどんなものがあるの?」

そんな風に思った人も多いでしょう。

下記の記事では、車を売るときの方法・流れや注意点を詳しく解説しています。車を売る方法をもっと詳しく知りたい人は、ぜひ下記記事も参考にしてください。

お父さん

おれ心配症だから、トラブル対応の知識とかもきちんとつけとかないとなぁ…

おすすめ記事:車を売るときの方法・注意点まとめ!失敗しない買取知識を解説

また、「車の買取時のトラブル」も心配な人が多いはずです。そんな方は、他の記事で「よくあるトラブル事例」をQ&A形式でまとめているので、買取に進む前にぜひ参考にしてください。

おすすめ記事:【Q&A】車を売るときのよくあるトラブル事例と対処法まとめ

 

まとめ|「下取り査定」「買取査定」は両立できる!

まとめ|車を売るなら買取業者選びが大切!
スタッフくん

下取りを検討されているお客様も、まずは買取査定を申し込んでみてくださいね。

手間をかけず、買取価格を大幅に上げることに繋がりますよ!

お父さん

スタッフくん、ありがとう!

知らなかったらやばいことばっかりだったよ…💧

スタッフくん

今回ご紹介した情報をもとに、ぜひお客様の車を高く売ってくださいね!

お父さん

ありがとう!

…でも、どうやってキミの店は儲かっているの??

スタッフくん

…( ◠‿◠ )

今回は、「車を売りたい!」と考えているオーナー向けに、車の下取り査定の特徴や注意点、そして高く売るための買取の方法について、解説してきました。

愛車をできるだけ高く売るためには、下取り査定だけではなく買取査定の方法(一括査定・買取強化店検索)を知り、自分に合った売り方を選ぶことが大切です。

今回ご紹介した知識を活用して、納得がいくように車の買取を進めていってくださいね。

スポンサードリンク